Event is FINISHED

よしもとばなな×管啓次郎 「鳥のささやき、本のはばたき」『鳥たち』(集英社)刊行記念

Description

昨年秋に刊行されたよしもとばななさんの小説『鳥たち』は、
アメリカのアリゾナで共同生活を送っていた家族を失い、天涯孤独で身を寄せ合う、
大学生「まこ」と、パン職人の「嵯峨」の物語。
作中には、メキシコ・インディオ古謡『チョンタルの詩』からの引用が印象的に登場し、著者の「本」への尊敬も込められた物語になっています。
「すばる」初出時にこの作品を読んだという詩人の管啓次郎さんは、
自然とのつながりを力強く表現する詩だけでなく、旅についての散文も精力的に発表されており、
アリゾナの地についての文章が収録されている『狼が連れだって走る月』(河出文庫)には、ばななさんが序文を寄せています。
このたび、『鳥たち』の刊行を記念して、お二人の対談が実現しました。
本について、文学について、旅について。
自由にお話いただく2時間です。



【プロフィール】
よしもとばなな
1964年生まれ。作家。87年、「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。88年、「ムーンライト・シャドウ」で第16回泉鏡花文学賞、89年、『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で第39回芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で第2回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。他の著書に『アムリタ』『デッドエンドの思い出』『不倫と南米』『スナックちどり』『さきちゃんたちの夜』『花のベッドでひるねして』『サーカスナイト』など。共著に『小さないじわるを消すだけで』など。
諸作品は海外30数カ国で翻訳出版され、国内外問わず多くのファンに支持されている。

管啓次郎
1958年生まれ。詩人、比較文学者。明治大学理工学部教授(コンテンツ批評、映像文化論)。アメリカ先住民思想を論じた著書として『野生哲学』(小池桂一の書き下ろし漫画を収録)がある。その他の主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』『ホノルル、ブラジル』『斜線の旅』『本は読めないものだから心配するな』『ストレンジオグラフィ』、最新刊に『ハワイ、蘭嶼』などがある。詩集『Agend'Ars』四部作は『時制論』をもって完結。英仏西語からの翻訳多数。ASLE-japan文学・環境学会代表。



【出演】
よしもとばなな(作家)
管啓次郎(詩人)

【日時】
2月11日(水・祝) 15:00〜17:00(14:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F

【入場料】
1500yen+1drink order(500yen)



Event Timeline
Wed Feb 11, 2015
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,545 Followers