Event is FINISHED

MOXSSG 定例勉強会61 GitHubもくもく会

MOXSSG(OS X Server勉強会) x INTER-Mediator Directive Committee主催: iOS / OS X 管理者向けイベント
Description
受付を開始しました。


MOXSSG-もくもく会とは?
今回のテーマについて会議室に集まって各自もくもくと勉強する会です。家とか会社では、なかなか勉強時間が取れなかったり、集中できない場合が多いと思います。MOXSSGのスタイルは、モデレータが進行し、また、オブザーバにも参加して頂き、学習効果をあげて行きます。場合によっては、予習・復習・共同作業も行います。


今回のテーマ
GitHubについて勉強します。GitHubとは、ソフトウェア開発プロジェクトのためのバージョン管理共有ウェブサービスです。一般的にプログラムソースコードを共有しますが、使い方によっては、ドキュメントやWebサイトのHTMLファイル等の共有もできます。gitコマンドやGitHubサイト、GitHub対応アプリケーションなどを使ってプロジェクトを管理・共有します。

対象参加者は、GitHub初心者とします。「GitHub実践入門」(技術評論社)を指定書籍として、予習(自習)ともくもく会当日、共同作業の演習をします。今回のゴールは、「GitとGitHubの理解」「Pull Requestの理解」としたいと思います。トラブルシューティングなどは対象外とします。普段からGitHubを使われている方には、是非ともオブザーバとして参加して指南をお願いします(募集枠2名)。モデレータは、飯島基文が担当します。今回は、指定書籍の購入予習(自習)Apple製ノート型パソコンの持参(要Developer Toolsのインストール)、を必須とします。

オブザーバご希望の方は、割引コードを発行しますので、飯島 (motofumi@mac.com) までメールお願いします。



参加要件と事前準備
参加にあたって次の要件が必須となります。ご確認ください。
  • 予習時間の確保
もくもく会当日に向けて、1月20日〜1月29日を予習期間(想定時間 計6-12時間)とします。予習時間を確保できない方はご遠慮ください
  • 「GitHub実践入門」(技術評論社)の購入
予習用書籍として使用します。「Gihyo Digital Publishiing」より電子版も販売されております。詳しくは、http://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6366-6をご覧ください。
  • Apple製ノート型パソコン (MacBook Pro / MacBook Air)の持参
もくもく会の当日、Apple製ノート型パソコンを各自演習機材として使用します。OSのバージョンによっては、gitコマンドがすぐに使えないので、Developer Toolsのインストールもお願いします。また、フル充電にてご持参お願いします。無線LANの設定を行いますので、管理者アカウントのパスワードも必要になる場合もあります。MOXSSGと会場の都合により、一般的ノート型PCとデスクトップ型の持参はご遠慮ください


  • Facebookアカウントの連絡
予習期間の質疑応答や打ち合わせ用にFacebookグループ「MOXSSG-GitHubもくもく会」を用意しました。 参加者の方々を登録しますので、参加チケット購入時に「自分のFacebook URL」(アカウント名)の連絡お願いします。

「自分のFacebook URL」(アカウント名)の取得方法::
  1. Facebookのページを開き、ログインします。
  2. 自分のアイコンまたは、名前をクリックします。
  3. そのリンク先のページのURLをご連絡お願いします。
  4. このように表示されるはずです。https://www.facebook.com/アカウント名
  5. (例:飯島基文の場合、https://www.facebook.com/motofumii)


  • GitHubアカウントの登録
予習の一環としてGitHubアカウントの登録をお願いします。詳しくは、指定書籍「GitHub実践入門」の3.1をご参考ください。当日の共同演習では、アカウントを登録済みとして進行します。


タイムテーブル
  • 予習期間(1月20日[火]~1月29日[木])
各自予習課題をこなしてください。オンラインもくもく会となります。

  • もくもく会当日(1月30日[金])
18:00 開場(準備・交流タイム)
18:15 イベント開始
20:50 クロージング
21:00 退出完了


演習作業(課題調整中)
  • 演習1: Pull Requestの送る[想定時間 1時間]
6章に対応した共同演習のシナリオをモデレータが用意します。
  • 演習2: Pull Requestを取り込む[想定時間 1時間]

7章に対応した共同演習のシナリオをモデレータが用意します。


予習課題
1月20日から29日の10日間を予習期間とします。指定書籍「GitHub実践入門」を読み、一部自習します。この書籍は、自習教材的側面もありますので、読書しながら予習課題がこなせます。初めてGitHubに触れる方々には、すこし理解しずらい部分もあるかもしれません。わからないことや疑問がありましたら、Facebookグループの「MOXSSG-GitHubもくもく会」に投稿お願いします。

  • 予習課題1: GitHubの概要を理解する[想定時間 1-2時間]
指定書籍「GitHub実践入門」の1-2章を読む。また、GitHubに関するTEDプレゼン、クレイ・シャーキー「インターネットが(いつの日か)政治を変える」視聴をお勧めします。
ゴールは、GitHubとは何ぞやをおぼろげに理解する。

  • 予習課題2: GitHubアカウントの作成[想定時間 1-2時間]
指定書籍「GitHub実践入門」の3章(3.1)を読む。3.1を参考にしながら、自分のGitHubアカウントを作成してください。既に取得済みの方は、スキップしてください。
ゴールは、GitHubアカウントを作成することです。

  • 予習課題3: GitHubのリポジトリの作成[想定時間 1-2時間]
指定書籍「GitHub実践入門」の3章(3.2)を読む。3.2を参考にしながら、自分のGitHubアカウントに新規リポジトリを作成してください。
ゴールは、GitHubのリポジトリを作成することです。

  • 予習課題4: Gitコマンドを使ってみる[想定時間 2-4時間]
指定書籍「GitHub実践入門」の4章を読む。4章の手順にしたがって、作業をおこなう。(同じ作業を二度三度行うと理解が深まります。)
ゴールは、Gitコマンドに触れることです。

  • 予習課題5: Pull Requestの理解[想定時間1-2時間]
指定書籍「GitHub実践入門」の6-7章を読む。もくもく会にて共同作業を行いますので、まずは、Pull Requestの概要について理解する。
ゴールは、6-7章を読むことです。





重要) このイベントは、短期間で効果的に学習することを目的としています。ただし、学習結果を保証するものではありません。イベント内容は、主催者による録音・録画、それら内容をメディアによる公開する場合もあります。イベント中止の場合、チケット代の返金のみとなります。(イベント参加にあたっての費用の請求はできません。)


以上を踏まえ、もくもく会に参加登録お願い致します。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-01-18 12:41:47
More updates
Fri Jan 30, 2015
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第2会議室
Tickets
モデレータ(割引コードあり) ¥2,000
オブザーバ(割引コードあり) ¥2,000
一般 ¥2,000

On sale until Jan 27, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都千代田区神田佐久間町1-9 Japan
Organizer
Motofumi Iijima
60 Followers