Event is FINISHED

『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』完成披露記念上映&トークショー

第2回 3.11 映画祭 プレイベント
Description
第2回 3.11 映画祭 プレイベント
『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』の完成披露記念上映&トークショー


■日時:2015年2月15日(日)13:00~開場:14:00~上映開始
    上映後トークあり「ゲスト:畠山直哉(写真家)、畠山容平(監督)」
■会場:アーツ千代田 3331 (東京都千代田区外神田6-11-14)2階体育館
■料金:1,000円(前売り券は、2/14 18:30で販売終了)
※申し込み状況により当日券(1300円)を発売します。

・定員になり次第、締め切りさせて頂きますので予め了承下さい。
・前売りで定員数確保となりましたら当日券のご用意はございません。
 お早めにお申し込み下さい。
・座席の指定は出来ません。また整理券の配布はございません。
・こちらのイベントは、3.11映画祭の共通チケットでは参加できません。

**********************************************************
お問い合わせ先:わわプロジェクト事務局
一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1
TEL03-3518-9101 E-MAIL: info@wawa.or.jp

**********************************************************
『未来をなぞる 写真家・畠山直哉 』

2014年/87分/日本
監督、撮影、編集:畠山容平 音楽:港大尋
整音:小川武 編集:尾尻弘一
製作:豊岡劇場・SIB合同会社・代表石橋秀彦
配給:SIB合同会社 宣伝:Playtime
▶公開:2015年シアター・イメージフォーラムにて公開予定


写真家・畠山直哉。石灰石鉱山や炭鉱、密集したビルの隙間を流れる川や、都市の地下空間を写した写真などで知られ、2001年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表の1人にも選ばれた、世界的な写真家だ。2011年の東日本大震災で岩手県・陸前高田市の実家が流され、母を亡くして以来、彼は頻繁に故郷に戻り、変貌する風景を撮影するようになった。
まもなく震災から4年。カメラを手に被災地を歩く者の姿も少なくなってきたが、畠山は変わらず風景写真を撮り続けている。
誰の為に何の為に、なぜ撮り続けるのか?
これはある1人のアーティストが、故郷の山河を前に、否応なく震災と向き合わざるを得なかった長い長い記録の断片をまとめたドキュメンタリー。
被災のはてに1人の写真家が見た未来への希望とは、なんだったのか?




「3.11映画祭」とは…
「3.11映画祭」の作品を通じ、東日本大震災を経験することで浮かび上がった多様な社会的問題を多くの人との間で共有し、そうした問題について共に考え、防災意識を向上させ、有機的な活動に繋げていくことを目的としています。
東日本大震災という未曾有の経験は、私たちに人類が抱える様々な問いや課題を浮かび上がらせました。4年が経過し時とともに風化する記憶をどのように繋ぎ止め、大切にすべきものを明確にした上で、自然災害に対してどういった姿勢や対策、体制を取るべきなのかを考え、豊かな社会とは何かを思い返す必要があります。
私たちは、東日本大震災という共通の体験から復興へと進むための試行錯誤の中で創造力を存分に働かせることで得た多くの気付きを分かち合うことができるはずです。
本映画祭によって、各々の意思を持って活動をする団体や個人が互いの意思や活動を知り刺激を与え合うことで、さらに各々の新しい展開を生み、大きな輪のようにひろがることで東日本大震災からはじまるよりよい未来への更なる飛躍となることを目指します。

*****************************************************************
詳細は1月中旬、公式サイトにて公開
http://311movie.wawa.or.jp/


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-01-22 01:22:33
More updates
Sun Feb 15, 2015
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売り券 ¥1,000

On sale until Feb 14, 2015, 6:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
コマンドN
472 Followers