Event is FINISHED

AfriMedico Presents グローバルヘルスにおける社会起業を考える会

AfriMedico Presents
Description

みなさんこんにちは、富山の置き薬の仕組みをアフリカに導入するために活動しているNPO団体のAfriMedicoです。

今回はアフリカ・タンザニアを例にとり、現地で起きている社会問題を『保健・健康』という側面から共有したく本セミナーを企画いたしました。

特別講演の演者にはアフリカのケニア・タンザニアで多くの社会問題解決のために活動されている杉下智彦先生(独立行政法人国際協力機構:JICA)をお招きしております。

当日は杉下先生よりタンザニアが現在直面している保健・健康面の課題から今後の展望などについてご講演頂く予定です。講演後には皆さんを交えたワークショップを通じて、今自分ができることなどをお互いに共有ができたらと考えております。

途上国支援に興味がある方はもちろん、それ以外の方でもぜひお気軽にご参加ください。特に以下の方など大歓迎です!!!

●途上国支援に興味ある方
●国際的視野を身につけたい方
●社会起業に興味ある方
●アフリカに興味のある方

『スピーカー紹介』

杉下 智彦 先生 (国際協力機構(JICA)国際協力専門員 保健分野課題アドバイザー)

●専門分野:保健システム、医療人類学、外科学、公衆衛生学

●経歴
1990年東北大学医学部を卒業。聖路加国際病院にて外科レジデント、チーフレジデントを経て、東北大学心臓外科医局にて心臓移植の研究。1995年から約3年間、青年海外協力隊に参加(マラウイ共和国)。国立ゾンバ病院の外科医長として活動。その後、ハーバード大学公衆衛生大学院(国際保健)、ロンドン大学大学院(医療人類学)に留学。2001年よりタンザニア共和国モロゴロ州保健行政強化プロジェクトのチーフ・アドバイザーとして約4年間活動。2006年よりJICA人間開発部課題アドバイザーとして保健システム案件の立案や技術支援を行う。2009年よりケニア国ニャンザ州保健マネージメント強化プロジェクトのチーフ・アドバイザー。2011年よりケニア国公衆衛生省アドバイザーを兼任。日本国際保健医療学会評議員。世界ワクチン基金元技術審査委員。野口英世アフリカ賞医療活動部門選考委員など。

(日本国際保健医療学会のHPより抜粋)


『セミナー概要』

【日時】2月7日(土)19時30分~21時(*19時15分開場)

【対象】本テーマに関心がある方なら誰でも

【定員】50名

【費用】事前決済 1,500円

    当日支払  2,000円

【場所】JICA市ヶ谷ビル セミナールーム600

【プログラム】

19:30-19:40 NPO AfriMedico概要紹介

19:40-20:30 特別講演 
「グローバルヘルスにおける社会起業の可能性」
~アフリカ タンザニアにおける具体的事例~

国際協力機構(JICA)国際協力専門員
保健分野課題アドバイザー
杉下 智彦 先生

20:30-21:00 ワークショップ「社会問題に対して自分ならどう行動するか?」

21:30~    近隣の施設にて懇親会を予定(希望者のみ、別途参加費が発生します)


【AfriMedicoの活動について】

お手数ですが、以下のURLをご覧ください。

http://thebridge.jp/2014/11/startup-gateway-pitch

http://news.mynavi.jp/news/2014/11/17/323/

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-01-26 07:25:47
More updates
Sat Feb 7, 2015
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
事前予約 ¥1,500

On sale until Feb 7, 2015, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都新宿区市谷本村町10-5 Japan
Directions
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
Organizer
NPO AfriMedico
85 Followers