Event is FINISHED

トークイベント【リセンス学級会】『尖閣、竹島を奪られる日』 孫崎享氏と考える領土問題! 〔10月4日(木):西新宿〕

Description

㈱ブレイン・コミュニケーションズ(所在地:千代田区 代表取締役:梅本覇留)は、104日()、新宿区の廃校となった小学校の教室を舞台に、トーク・イベント「リセンス学級会」を開催いたします。

テーマは、「領土問題」。

尖閣、竹島など日本の領土問題に、いかに取り組むのが最善なのか?

外交問題のスペシャリスト孫崎享(うける)を講師に、哲学者の小川仁志氏をMCに迎えて、一般参加者とのディスカッションを行います。

==================

竹島をめぐり強行的姿勢に変貌した韓国。領海侵犯を繰り返し、反日デモが拡大している中国。両国の露骨な対日圧力の背景には、どんな計算があるのか。そして、静観を装う米国の真の思惑は?

『尖閣諸島は古来、日本固有の領土か?』

この問いに、「1870年代以前には、尖閣諸島は日本の明確な領土ではなかった」と指摘する元外交官の孫崎享氏。

『竹島は日本の領土か?』

世界の領土問題に多大な影響を与える米国地名委員会には、竹島は「独島」と韓国名で登録され、韓国領との見解を 米国は支持しています。

はたして日本は尖閣、竹島を取り戻すことができるでしょうか。

膠着状態が続く領土問題における、最善の一手とは何か?

外交のスペシャリスト孫崎氏を「先生(講師)」に、新「学級委員(モデレーター)」に 日本のマイケル・サンデルこと哲学者の小川仁志氏をお迎えしてのリニューアルスタート!皆様、とことん語り合いましょう !

お誘い合わせの上、ぜひ ご参加ください。

【講師プロフィール】

孫崎 享(まごさき うける)

(元外交官、評論家)

1943年旧満州国生まれ。

1966年、東京大学法学部中退、外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。国際情報局長時代は各国情報機関と積極的に交流。2002年より防衛大学校教授。20093月退官。

【新学級委員プロフィール】

小川 仁志

徳山高専准教授・哲学者)

1970年京都市生まれ。

京都大学卒業後商社に就職するも、台湾で民主化運動に触発され退職。4年間のフリーター生活を経て、市役所勤務の傍ら大学院にて博士取得。商店街での「哲学カフェ」等、市民のための哲学を実践中。

Event Timeline
Thu Oct 4, 2012
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
芸能
Tickets
A.生徒席(聴講・発言あり) ¥2,500
B.参観席(聴講のみ) ¥2,500
Venue Address
新宿区西新宿6-12-30 Japan
Organizer
ブレイン・コミュニケーションズ
1 Follower