Event is FINISHED

田中克佳 「カメラを持って旅に出よう 〜旅と写真のワークショップ “究極の一枚”を撮る〜」

Description

旅にカメラはつきもの。だけど、「思い出写真」はたくさん撮れても、「作品」を撮るのはなかなか難しい。そんなあなたに、旅と写真のプロフェッショナルが、「究極の一枚」を撮る方法、その写真の哲学をレクチャーします!

写真家の田中克佳さんは、米国『ナショナル・ジオグラフィック誌』フォトグラファーのアシスタントを経て独立。現在はN.Y.を拠点に、ブラジル、チリ、インド、カリブ海など、世界中で作品を撮り、多くのメディアに発表し続けています。また、ここ数年間は南米最南端のパタゴニアの大自然を旅しながらの写真ワークショップを行っており、旅行者が自分の手で「作品」を撮るサポートをしてきました。プロの指導によるワークショップが一体となった旅は、最近欧米の富裕層に大人気で、新たなレジャーとして注目されています。

人間は日常から解放されると、新たな視点や感性が生まれ、普段見えないものが見える瞬間があります。客観的な視線でその土地に根づいたものを見据え、ストーリーとして写真を構築することが、旅先で撮るときの秘訣だと田中さんはいいます。今回は田中さんご自身が世界中の絶景で撮りためた作品を観賞しそのストーリーを体験しながら、旅先という非日常を自分のカメラで「究極の一枚」へとつなげる方法を教えていただきます。



 ***********************************************

■プロフィール

田中 克佳

- 写真家 -

 1965年、横浜生まれ。早稲田大学商学部卒業後、博報堂に入社。1993年に退社後、渡米。米国『ナショナル・ジオグラフィック誌』フォトグラファーのアシスタントを経て独立。北米、中南米、ヨーロッパなどを取材対象に撮影を続け、日本、米国、ヨーロッパ、カナダ、ブラジルなどのメディアに発表し続けている。

 とりわけブラジル、アルゼンチン、ペルー、チリ、スペイン、キューバなどラテン系の国々で長期撮影を敢行。拠点とするニューヨークでは、2001911日に発生したテロ事件に遭遇。グラウンドゼロにて撮影を続けた数少ない日本人としてその写真を国内外の多くのメディアで発表。その後も傷を負ったニューヨークの人々をドキュメントした。

 2013年より南米チリにて写真のワークショップを開催。チリの高級リゾートグループ、Explora社やNikonとの共同プロジェクトを通じ、パタゴニア国立公園やアタカマ砂漠にて世界中から訪れるゲストに写真指導をおこなっている。 ニューヨーク在住。

www.katsutanaka.com

※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。


Event Timeline
Fri Feb 13, 2015
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,500

On sale until Feb 13, 2015, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,161 Followers