Event is FINISHED

シェフと地域の生産者を結ぶ「第0回 いいものミーティング」@東京

by ユナイトideha & そっか!が溢れる本気の地域研修コーディネーターSOCCA
Description
 日本の地域には、いいもの作りを探求し続ける生産者たちがいます。しかし彼らの情報はあまりなく、情報が見つかったとしても出会って直接話を聞くのは容易ではありません。
 そして生産者側も、自分のこだわりを理解し料理に昇華してくれるシェフとの出会いを求めていますが、自身で首都圏まで足を運び1軒1軒レストランを回って営業するのは大きな負担となっています。

 そこでユナイトidehaとSOCCAは、「いいもの」を作る地方の生産者と、「いいもの」を探す東京のシェフをマッチングするための「第0回 いいものミーティング」を東京都内(会場調整中)で開催いたします。

 ユナイトidehaとSOCCAが信頼する地域の一流の生産者たちを東京に集め、東京のシェフへ向けて食材をプレゼンをしてもらう場です。生産者が本人と顔を合わせて話すことができるので、食材の品質や製法についてはもちろん、生産への哲学も共有できます。

 イベントによって知り合い、お互いに取引したいと思った生産者とシェフは、ご自由に取引を開始してください。仲介などが必要な場合は各地域のコーディネーターにご相談してください。

 そして、東京での「いいものミーティング」で出会った魅力的な生産者に出会ったあとは、生産現場に行って生産者を訪ねる視察ツアーもコーディネートしますので、関心のある方はお気軽にお問い合わせください

 ホンモノの農家・漁師と出会うためのツールとなり、シェフと生産者双方に貢献できるしくみを目指す「いいものミーティング」。この第0回はプレイベントであり、これからシェフの皆さんと共に「いいものミーティング」を作り上げていくスタート地点となります。

 まずは東京の「いいものミーティング」へ来て、地域のホンモノの生産者たちと出会い、そして「いいものミーティング」の未来を共に考えてみませんか?

=================================================


第0回「いいものミーティング」参加生産者


能登の海を守る若船頭、順毛 弘英さん

「獲りすぎない漁法」として注目される定置網漁法の若き船頭・順毛さん。「獲るだけはない漁師集団」として自分たちで獲った魚を加工、販売まで一環して行っており、すでに都内のレストラン向けの販売も行っています。こうした活動が評価され、「ふるさとづくり大賞」にて最高賞である内閣総理大臣賞を受賞。能登を背負う若者として今注目されています。

ただ、魚を獲るだけではないところが鹿渡島定置の漁師さんのすごいところ。「神経締め」と呼ばれる、魚の鮮度を保つ特殊技術も持っているのです。
普通、魚は死んでから鮮度が急激に落ちますが、神経締めによって魚の神経を壊すことで死後硬直を遅らせることができるすごい技。料亭に卸す魚などにもこの技法を用いるそうですが、その料亭に来たお客さんの口に入るときに一番おいしい状態を計算して行っているそうです。
また、鹿渡島定置の魚をより多くの人に食べてもらうためにと立ち上げた「魚工房旬」で、獲れた魚を使った干物などの加工品を販売しています。

---

日本一のねぎ農家、清水 寅さん

25歳で史上最年少営業トップになり、弱冠27歳でグループ会社6社の社長を歴任しました。
しかし、30歳の時、一念発起。すべての会社を退任し、農業をするため山形へ移住しねぎびとカンパニーを創設。初めての就農にも関わらず、就農2年目でねぎの作付面積日本一を達成するという快挙をなしました。
最大の目標は「1億人を笑顔にする」。
自分の作った最高記録・最高の1本を常に更新し続けることを経営思念とし、種まきから収穫まで一切の妥協を許さないネギ作りに取り組んでいます。


=================================================


コーディネーター

梶村 勢至(山形市)

H2H株式会社 代表取締役。ユナイトideha 代表。
 滋賀県生まれ。平成25年5月に神奈川県川崎市から山形県山形市にVターン移住。地域コーディネーターとして、農業をベースにした地域創生を目指して活動している。自治体や民間企業主催による農家向け研修/ワークショップの企画コーディネートおよび講師経験多数。
 山形の農家などとの連携組織「ユナイトideha」では、職種や地域を越えた参加者の協働によって各種テーマの課題解決の実現を目指す合宿型ワークショップ「山形おこしソン」等を開催している。
 また、 生産者と生活者の出会いを演出する場を生み出し、様々な課題に取り組もうとしている生産者に貢献しようと、応援したいつくり手に出会える場「te-ni-te」を運営。http://www.tenite.jp
 仕事作りや商品作りによって、地域コミュニティの新しい担い手のフィールドづくりを目指している。

ーーー

森山 明能(能登)

七尾自動車学校 取締役副社長/株式会社御祓川 ひと育て課
 1983年七尾市生まれ。07年慶應義塾大学総合政策学部卒。同年株式会社ナナオ(現EIZO株式会社)へ入社し、国内営業及び海外営業に従事。10年9月より実姉が代表を務める地元七尾の民間まちづくり会社「株式会社御祓川(みそぎがわ)」に参画。11年4月からは家業である七尾自動車学校の取締役社長室長も兼務。14年11月より現職。まちづくり会社では、新しい公共の担い手へのサポーター、家業では地域における実践者としてハイブリッドな活動を展開中。東京での定期的(2ヶ月に1回)な石川人交流会「Ishikawa Drinks in Tokyo」の主宰としても活動。 最近のプロジェクトとしては能登島におけるコミュニティ型観光ツアー「うれし!たのし!島流し!」や丸の内朝大学インターナショナル地域プロデューサークラス能登編の全体コーディネーターなどが挙げられ、多岐にわたる活動を通じて能登や石川県に関わるヒト・モノのネットワーク作りに奔走している。」
=================================================

日時:1月11日(月) 14:00〜16:00


会場:会場調整中(東京都内)

参加費:2,000円


=================================================

主催

◆ユナイトideha
素材の宝庫である山形で、その素材資源(商品、事業、人財)へと育むために活動しています。現場に出て汗をかく。原料生産から最終消費までデザインする。地域において自立可能な事業の創生プロデュースにこだわる。貨幣経済(マネタリー)と交換経済(ボランタリー)を両立させる。この4つのポリシーを掲げ、町おこしイベントの企画や商品開発プロデュースに取り組んでます。
http://hand2hand.jp/ideha/

◆SOCCA[そっか!]
SOCCAはゾイシア株式会社が運営する、地域問題に特化した視察・育成・研修を個別に組成/提供する専門プログラムです。 実際に今も現役プレイヤーとして各地域で活躍する地域キーマンとの強固なネットワークを活用し、各地域が抱える課題、個別ステージに応じた視察研修先の提案や研修ツアー実施、地域活性人材の育成といった各種プログラムを提供しております。 プログラム内容は、抱えてらっしゃる課題や、希望される視察先地域・予算・日程・人数に応じて個別にご提案させていただきますので、より効果的なプログラム実施が可能です。
http://socca.co

Event Timeline
Sun Jan 11, 2015
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都内
Tickets
会費 ¥2,000
Venue Address
東京都内 Japan
Organizer
ゾイシア株式会社
62 Followers