Event is FINISHED

今いちばん行きたい美術館 「鞆の津ミュージアム」の秘密

Description
広島県福山市に2012年5月、新たな美術館がオープンしました。
町のシンボルとして親しまれてきた築150年になる蔵を利用して
誕生したのが「鞆の津ミュージアム」です。

「鞆の津ミュージアム」がスポットを当てるのは、既存の美術の外側で表現を続ける人々。

2012年に開催された『LOVE LOVE SHOW』では恋愛をテーマに国内外で活躍する画家・小林正人、異才の写真家・フォトグラファーハル、男の墓場プロダクション局長・杉作J太郎ら6名のアーティストが"恋のカタチ"を表現しました。


開館1周年を迎えた2013年には、死刑確定者による表現を取り上げた『極限芸術ー死刑囚の表現ー』を開催。

▲2013年4月20日 - 7月21日『極限芸術ー死刑囚の表現ー』より


そして2014年にはブチ上げ改造単車、ド派手な成人式衣装、デコトラに代表されるヤンキー文化にスポットを当てた展覧会『ヤンキー人類学』、孤高の前衛芸術家・糸井貫二、シュールなギャグ漫画で熱狂的なファンから支持を集めるマンガ家・蛭子能収、イグノーベル賞を受賞した発明家・ドクター中松など、自らの衝動のまま我が道を突き進み、高齢になってもその勢いを失わないパワフルな表現を紹介する『花咲くジイさん〜我が道を行く超経験者たち〜』を開催しています。

▲2014年4月26日 - 7月21日『ヤンキー人類学』より

▲2014年8月16日 - 11月16日『花咲くジイさん~我が道を行く超経験者たち~』より


ざっと簡単に振り返るだけでも、「見たかった!」「行きたかった!」という声が聞こえてきそうな企画展の数々。

既存の美術館では見られなかった参加アーティストのラインナップと、挑戦的なテーマが「鞆の津ミュージアム」の魅力です。

一体これらの企画展はどのように生み出されているのでしょうか?

実は、「鞆の津ミュージアム」のキュレーターをつとめる櫛野展正さんは福祉施設の職員。現在の仕事に関しても、

「アートというよりも、人を扱う仕事をやり続けている意識」と語る櫛野さんだからこそ、"アート"の枠組みに捕らわれない、人間の本質や"生"を感じられる企画展の数々が生まれているのかもしれません。

本レクチャーでは、講師に「鞆の津ミュージアム」キュレーター・櫛野展正さんをお迎えし、「鞆の津ミュージアム」での活動を紹介するとともに、ある種異色の経歴の持ち主である櫛野さんが

どのような経緯で現在の仕事に就かれたのか?

また、数々の魅力的な企画展がどのように誕生したのか?

今各方面から熱い視線が注がれている「鞆の津ミュージアム」の秘密に迫ります。

【講師プロフィール】

櫛野展正(鞆の津ミュージアム・キュレーター)

広島県福山市鞆の浦で築150年の蔵を改修しオープンした「鞆の津ミュージアム」でキュレーター他を担当。死刑囚の描いた絵画や社会の周縁で表現を続けている人たちに焦点を当て、挑戦的な企画を打ち出し続ける。企画した展覧会に『花咲くジイさん~我が道を行く超経験者たち~』(2014)、『ヤンキー人類学』(2014)、『極限芸術〜死刑囚の表現〜』(2013)、『LOVE LOVE SHOW』(2012)など。


【櫛野さんからのメッセージ】

「福祉」と「アール・ブリュット」を熱く語ります!!! あなたの知らない世界をご紹介します!!! 心霊番組ではありません。 とりあえずミュージアムの名前だけでも覚えて帰ってください(笑)。

Event Timeline
Tue Feb 24, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
一般 ¥2,000
学生(当日学生証の提示が必要です) ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区外神田6丁目 11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
968 Followers