Event is FINISHED

映像アーカイブセミナー

コンテンツの保存と活用
Description
セミナーの目的
今年はCM業界を中心に、ファイルベースワークフローが進化する一年でした。ビデオテープやフィルムから、コンピュータで扱えるメディアファイルにシフトすることで、従来の製作工程が大きく変わろうとしています。

これまでは、映像コンテンツを創り出す工程〜ワークフローが話題になることが多かったのですが、このセミナーでは完成後のコンテンツをどのように扱うのかをテーマにします。

まもなく放送用VTRが入手できなくなることが決まっているので、必然的に今後はデータで保存することになります。コンピュータで扱える利点は、同時に簡単に消失してしまう危うい面を持っています。大切なコンテンツを、確実に保存するためにはどんな知識が必要なのか?当セミナーでは、アーカイブの話題を中心にお伝えします。

対象者
・制作会社のプロデューサー、PM、ディレクター
・ポストプロダクション関係者
・最新技術に興味を持たれる方

セミナー内容
・アーカイブ基礎知識
・コンテンツアーカイブシステムQlipDBの紹介
・SONY製オプチカル・ディスク・アーカイブの紹介
・ファイルベースワークフローの最新情報と最近のトレンド
・メディアファイルのクローン技術
・ワークフロー全般のQ&A

当日スケジュール
12時30分・・・開場
13時00分〜13時15分・・・当セミナーの説明
13時15分〜14時15分・・・第1講習/最新ワークフローとアーカイブ
14時15分〜14時25分・・・休憩
14時25分〜15時25分・・・第2講習/バックアップテクニックとQlipDB
15時25分〜15時35分・・・休憩
15時35分〜16時35分・・・第3講習/オプチカル・ディスク・アーカイブの活用
16時35分〜17時00分・・・ワークフロー全般のQ&A
17時00分終了予定

セミナー参加者の特典
参加者の方には、もれなく無料でコンテンツアーカイブツールQlipDBを差し上げます。セミナーの中で導入方法についても詳しくお伝えしますので、参加後すぐにご利用可能です。(QlipDBはMac版のみです)
Event Timeline
Sat Dec 20, 2014
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加料(税込) ¥16,200
Venue Address
東京都港区西麻布3-2-30 Rayビル3F Japan
Directions
日比谷線/六本木駅から徒歩7分
Organizer
マウントキュー株式会社
15 Followers