Event is FINISHED

フィールドセミナー 現代アートが好きになる90分

コマーシャルギャラリー TSCA / Takuro Someya Contemporary Art にてギャラリストが展示作品を解説!
Description
このフィールドセミナーでは、実際に作品が展示されているギャラリーにて、ギャラリストが過去の作品なども引用しながら展示作品を解説します。そのギャラリーの展示作品の理解にはとどまらず、現代アートの鑑賞方法や見方が変わるなど、現代アート自体の楽しみ方をお伝えできればと思っています。

美術館やギャラリーに行くけどよくわからない、これから現代アートを楽しみたいけどよくわからない、現代アートを何となく聞いたことがあるけど興味がある、そんな方のご参加をお待ちしていおります。

▼フィールドセミナー概要
日時:9月26日(水) 19:00~20:30
場所:東京都中央区築地1-5-11 築地KBビル1F TSCA

フィールドセミナー対象展示:
Oyama Enrico Isamu Letter / Yuta Hayakawa
フィジカルの速度 / Physical Kinetics

フィールドセミナー内容:
作品内容やコンテキスト理解につながる資料を使って、実際のギャラリーで展示作品をギャラリストが紹介します。

参加方法:
このサイトからの事前申し込み ¥ 3,500 - / 当日 ¥ 4,000 -

講師プロフィール:
染谷卓郎 TSCA / Takuro Someya Contemporary Art 代表
株式会社白石コンテンポラリーアート 2002年3月入社。
TSCA / Takuro Someya Contemporary Art 2006年設立。

ギャラリープロフィール:
TSCA / Takuro Someya Contemporary Art http://tsca.jp/
あらゆるフォーミュラから自由なのが美術であり、人々の価値観を先導するインフラ的な振る舞いを、今後より深めていくと考えています。取り扱う作家にはそうした特性が高く、その意識をアクティブで柔軟に表すことのできるスケール感を求めている。そしてギャラリーがそのプラットフォームとなり、イノベーションの機会を見出すことを目指す。
ユニバーサルでありながらも、新たな価値を提示し続ける姿勢と作家との仕事は国内外で高い評価を集める。
主な所属作家に、ヨーロッパを拠点に独自のインスタレーションを発表してきた山下麻衣+小林直人、ニューヨークのグラフィティー界からも注目される松山智一、ドメインを作品のターゲットとするなど新しい発想を提示し続けるラファエル・ローゼンダール、木村伊兵衛賞を受賞した本城直季など。

▼セミナープロデュース
NPO法人カットジェイピー http://cut-jp.org/ がソーシャルデザインセミナーとしてプロデュースしています。

Event Timeline
Wed Sep 26, 2012
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
セミナー参加チケット(レジュメ・会場代) ¥3,500
Venue Address
東京都中央区築地1-5-11-1F Japan
Organizer
ソーシャルデザインセミナー - NPO法人カットジェイピー
2 Followers