Event is FINISHED

新澤克憲×里見喜久夫 「たのしい幻聴妄想入門~『新・幻聴妄想かるた』で遊ぼう!」 『コトノネ』12号刊行記念

Description

東京・世田谷のとある一角で、不思議なかるたが生まれました。


「不思議です 徒歩20分が1時間半」

「わたしが宇宙の支配者です」

「さようなら幻覚の虫 こんにちは本物の虫」


このかるたは、こころの病をもつ人たちが自分たちの幻聴や妄想を、1つひとつ読み札にしたもの。すべて、実際に起こった出来事を元につくられています。思わず笑ってしまいますが、読み進めるうちに、彼らがいかに困っているか、その大変さも浮かび上がってきます。精神障害は、見た目にはわからないため、遭遇している困難が周りの人たちに理解されにくいというつらさも抱えています。


『コトノネ』は、働く障害者のこと、施設でつくられる良品、福祉の世界で活躍している人たちを紹介している季刊誌です。12号刊行記念として、今回はこの『新・幻聴妄想かるた』をつくっている就労継続支援B型事業所ハーモニーの施設長新澤克憲さんにお話しを伺います。

ちょっと不思議なかるたと、そのつくり手たちの話しを聞いてみませんか?


【プロフィール】

・新澤克憲(しんざわ・かつのり)

就労継続支援B型事業所ハーモニー施設長

1960年広島市生まれ。精神保健福祉士、介護福祉士。東京学芸大学教育学部卒後、デイケアの職員や塾講師、職業能力開発センターでの木工修行を経て1995年共同作業所ハーモニー開設と同時に施設長。


・里見喜久夫(さとみ・きくお)

季刊誌『コトノネ』発行人/編集長

2012年に、株式会社はたらくよろこびデザイン室を設立。障害者の経済的自立をテーマにした季刊誌『コトノネ』の発行に関わり、編集長を務める。2008年にドイツW杯を記念して、選手のいない写真集『‘06GERMANY』を出版。絵本は『ボクは、なんにもいらない』(2008年、美術出版社)、『ボクも、川になって』(2010年、ダイヤモンド社)、『もんばんアリと、月』(2012年、長崎出版)など。日本ペンクラブ会員。


【日時】

12月14日(日) 15:00〜17:00(14:30開場)


【場所】

本屋B&B

東京都世田谷区北沢2-12-4 2F


【入場料】

1500yen+1drink order(500yen)




Event Timeline
Sun Dec 14, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,561 Followers