Event is FINISHED

鷲尾和彦×柴崎友香 「それぞれの10年――目の前の景色、遠い記憶。 」写真集『To the Sea』&小説『きょうのできごと、十年後』刊行記念

Description
何度も同じ場所を訪ねたが、一度たりとて同じ海に巡りあうことはなかった。
海は、あらゆる色、光、匂い、音をのみ込みながら、嘲笑うかのように
目眩くその姿を変え続け、決してそのすべてを明らかにすることはなかった。
その自由、不確かさ、大胆さと、生命力が、僕を圧倒し続けた。
―――鷲尾和彦『To the Sea』あとがきより

写真家の日常の地続きとしてある神奈川県相模湾をはじめ、神迎えの儀式が行われる八重山諸島、有刺鉄線がはられた辺野古の砂浜、日々を暮らす湘南の海辺、そして、震災直後の三陸海岸……。日本各地の海辺の風景とそこに佇む人びとの姿を10年以上に渡って撮影してきた鷲尾和彦さんの写真集『To the Sea』の刊行を記念して、芥川賞作家・柴崎友香さんとのトークイベントを開催します。


「日常って呼ばれているものがあらかじめあって普通に続いていくもの、という風に私はとらえられないんです。次の瞬間にはなくなるかもしれないし、目の前に見えること、起こっていることは、常に謎だし、美しくて奇妙で、驚異に満ちています」
―――柴崎友香『文學界』9月号掲載インタビューより

当たり前と思ってやり過ごしてしまいがちな日々の出来事や心の動きを見つめ、世界の複雑さと生きることの歓びを書き続けてきた柴崎さん。芥川受賞後第一作となる『きょうのできごと、十年後』は、友人の引っ越し祝いに集まった数人の男女がその日に経験したできごとを5つの視点で描いたデビュー作『きょうのできごと』の10年後、登場人物たちがそれぞれの時間を生き、30代になって再会する一夜を描いた作品です。人はなぜ、目の前のことを見ながら、遠くのできこと、ここにはいない誰か、ありえたかもしれない過去と未来を考えてしまうのか。1枚のイメージから無限の物語を想像させる写真家と、言葉によって切り取る風景を鮮やかに浮かび上がらせる小説家が、見つめることと想像することによって、現実世界に豊かに触れる方法を語り合います。

【出演】
鷲尾和彦(わしお・かずひこ)
写真家。1967年兵庫県生まれ。1991年早稲田大学教育学部卒業後、博報堂に入社し、マーケティング、インタラクティブメディア、クリエイティブの領域で、様々な企画プロデュース業務を担当。97年から独学で写真活動に取り組むみ、01年に清里フォトミュージアム主催「ヤングポートフォリオ」に、 06年にはガーディアン・ガーデン主催「フォトドキュメンタリーNIPPON」にそれぞれ入選。写真集に『極東ホテル』(赤々舎)、池澤夏樹氏との共著『春を恨んだりはしない』(中央公論新社)、『遠い水平線』(私家版)、『To the Sea』(赤々舎)がある。
http://washiokazuhiko.jp

柴崎友香(しばさき・ともか)
小説家。1973年大阪生まれ。1999年、『文藝 別冊』に掲載された短編「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」でデビュー。2000年、初の単行本『きょうのできごと』(河出書房新社)刊行(03年行定勲監督により映画化)。07年『その街の今は』(新潮社)で芸術選奨文部科学大臣新人賞・織田作之助賞大賞、10年『寝ても覚めても』(河出書房新社)で第32回野間文芸新人賞、14年『春の庭』(文藝春秋)で第151回芥川賞を受賞。その他の著書に『わたしがいなかった街で』(新潮社)、『週末カミング』(角川書店)、『星よりひそかに』(幻冬舎)など多数。
http://shiba-to.com

【日時】
11月29日(土) 15:00〜17:00(14:30開場)

【場所】
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F

【入場料】
1500yen+1drink order(500yen)






Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-11-12 01:54:37
Sat Nov 29, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,539 Followers