Event is FINISHED

防災サバイバル・キャンプin陸前高田

災害時に必ず役立つスキルを体験型で身に付けられる3日間
Description
陸前高田だからこそ、災害への備えを「体験型」で
学ぶことができるはずだ。
そんな想いから、今回の防災サバイバル・キャンプが
企画されました。
身の回りにあるものを活用して、避難所での生活を少しでも
快適にするためのサバイバル術を体験する。
実際に被災された事業者の方のお話を聞いて、自分たちが
どう動くべきかを考える。
家族・友人・仲間の命を守り、地域を再び元気にするために、
なにができるのか?
陸前高田ならではの「気づきの場」で、お待ちしています。

●日時:11月22日(土)~24日(月・祝)2泊3日
●会場:岩手県陸前高田市内
●宿泊:箱根山テラス(木と人をいかす宿泊施設)
http://www.hakoneyama-terrace.jp/
●プログラム内容:
- 竹で食器を作る
- 竹でご飯を炊く
- 火おこし教室
- ロープワーク教室
- 運動会型避難訓練
- 被災時の実体験を聞く  など
________________

プログラムの詳細はコチラ
http://www.natsu-mi.jp/
________________

●参加費

プログラム参加費は無料です。

  ※市内までの交通費、3日目の昼食代は実費負担となります。

  ※箱根山テラスの宿泊費は15,000円となります。(2泊3日)

  ※保険料を現地にてお支払いただきます。(1,000円以内程度)

●定員:20名(先着順)

●講師の皆さん:

1)高田自動車学校 田村滿社長
震災直後から地域の為に、自身の自動車学校が持つ全てのリソースを
復旧のために無償で提供し積極的に協力する。自動車学校は、警察・
自衛隊・消防等の中心的場所であり、救援物資の重要な拠点であり、
避難所でもあった。

2)八木澤商店 河野通洋社長
震災で社屋、製造工場、自宅が全壊・流失したが、雇用を守ることを
大切にしながら会社の再建に奔走する。2011年5月には営業を再開し、
本社は2012年7月より陸前高田矢作地区に再移転を果たす。

3)長谷川建設 長谷川順一社長
震災で社屋や機材を流失、大切な社員も失う。瓦礫処理など復旧作業
に加え、仮設市庁舎や、再建をかける企業の社屋建設などを担う。
「復興は建物を建てることではなく、人の心を立てること」であると実感し
復興に向けて歩んでいる。

4)ホールアース自然学校
自然体験プログラムによる環境教育を、富士山麓や沖縄・新潟・福島で
展開している自然学校。阪神淡路大震災以降、災害支援を組織のミッション
の1つに掲げ、防災や生きるチカラをテーマにした各種プログラムを実施。

●お問い合わせ

一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク
担当:鈴木

TEL 03-6820-6300(平日10時~18時)
Mail contact@natsu-mi.jp

主催:なつかしい未来創造株式会社
協力:一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク
   ホールアース自然学校

Event Timeline
Nov 22 - Nov 24, 2014
[ Sat ] - [ Mon ]
12:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
岩手県陸前高田市内
Tickets
防災サバイバルキャンプin陸前高田

On sale until Nov 15, 2014, 12:30:00 PM

Venue Address
岩手県陸前高田市小友町字茗荷1-232 Japan
Organizer
なつかしい未来創造株式会社
1 Follower