Event is FINISHED

第2回 日本・カナダ ゲームサミット2014in札幌

Japan-Canada Game Summit 2014 in Sapporo
Description

2014年12月4日(木)12:00‐
ランチセミナー(お弁当付き・無料・先着70名)のご案内


カナダにはバンクーバー、モントリオール、トロント周辺にITクラスターが複数存在し、最近ではゲームネーションと呼ばれています。第2回日本・カナダ ゲーム・サミット2014イン札幌では、北海道とカナダのIT業界の繋がりをさらに発展させるため、昨年に引き続き、カナダより北米のIT業界・ゲームコンテンツ業界に精通したエンジニアほかを札幌に招聘し、ランチセミナーを開催します。右記、GET TICKETより奮ってお申し込みください。(12月2日(火)締切)

12:00 参加企業のご紹介 AudiokineticEnzyme Testing LabsSide Effects Software(予定)
12:20 『発展を続けるカナダ・ゲーム業界』在日カナダ大使館二等書記官 オノヅカ アキコ
12:30 基調講演『モバイル新時代の北米IT先進事例~利益に直結する北米カナダ市場との連携~』(日本語通訳あり)講師:マーク・アルール氏
13:30 質疑応答&ネットワーキング

マーク・アルール(Marc Alloul)
IT業界エンジニア/W2インベストメント社 マネージングパートナーエンジニア/量子物理学者から起業家となる。18年に渡り大手上場企業や非公開企業での先進技術、製品開発と商品化に取り組み、その成果を世界的な通信事業者やメディアグループに提供。現在はカナダの投資会社、W2インベストメントのマネージング・パートナーであると同時に複数の企業で株主、役員として戦略アドバイザーを務める。また、スマホおよびタブレット向けのリアルタイム・マルチプレーヤー型ゲーム、フリーミアムモデル、アクションゲームが専門の独立系モバイルベンダー「コンプレックス・ゲームズ社」の経営にも参画。最近では数々の企業M&Aを成功に導く。(サルバカンのアドレナリンへの売却、バイト・ゲームズのEAグループへの売却、モビトウィーンのゼッド・グループへの売却等)過去にはエアボーン・エンターテインメント、インディク、シュルンベルジェ、フランスにあるIBM系のシリコンゲートで幹部職を務め、株式公開、資金調達や撤退など高度な国際ビジネス環境も多く経験。カナダのマギル大学で量子物理学修士号を取得する一方、フランス、ソフィア・アンティポリスのテレコム・バレーにあるユーロコム・インスティテュートで移動体通信学修士号を得る。フランスの代表的な通信技術学校であるパリ国立通信学校(ENST)を卒業。今回は東京と福岡、札幌でこのゲームサミットのために来日。

主催: カナダ政府札幌通商事務所/カナダ大使館、一般財団法人さっぽろ産業振興財(ICC)、 北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会、NPO法人札幌ビズカフェ
共催: 経済産業省北海道経済産業局、ジェトロ北海道、一般社団法人北海道IT推進協会、株式会社道銀地域総合研究所

Event Timeline
Updates
  • Title was changed to "第2回 日本・カナダ ゲームサミット2014in札幌". Diff 2014-12-01 07:33:50
More updates
Thu Dec 4, 2014
12:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ホテルさっぽろ芸文館3階 蓬莱(ほうらい)の間
Tickets
ランチセミナー(無料)
Venue Address
札幌市中央区北1条西12丁目ホテルさっぽろ芸文館 Japan
Organizer
カナダ政府札幌通商事務所
32 Followers