Event is FINISHED

8/27トークイベント「母を殺した死刑囚の父へ」リセンス学級会

大山寛人氏と死刑制度を考える
Description

㈱ブレイン・コミュニケーションズ(所在地:千代田区)は、8月27日(月)、新宿区の廃校となった小学校の教室を舞台に、大山寛人氏を講師に迎えて、トーク・イベント「リセンス学級会」を開催いたします。 テーマは、「死刑制度」。

被害者遺族であり、加害者の遺族でもあるという、希有な立場に立つことになった大山氏の話を聞き、一般参加者とのディスカッションを行います。

2000年、大山さんの父は自分の妻を風呂場で水死させ、事故を装って遺体を広島湾に投げ込んだ。 実はその2年前にも、父は、保険金目当てで養父を殺害していた。

母の死は「事故」だと聞かされていた大山さんだったが、中2の時、父が逮捕されて全てを知った。 高校は中退、少年鑑別所に入ったことも。自らの皮肉で残酷な運命を悩み、恨み、呪った。

大山さんの父に「死刑」の判決が下った。真実を知るために父と会う決心をする。拘置所に通い続けるうちに、あれほど憎んでいた父に対して「死ではなく、生きて償いを…」という思いを抱くようになっていった。昨年6月最高裁で上告が棄却、刑が確定した。被害者の遺族であり、同時に加害者の家族として死刑と向き合う。

内閣府による2010年2月発表の世論調査によると、「死刑制度を容認する人は85.6%」と言われてますが、 『被害者遺族が望まない死刑』もあることを、あなたはどう考えますか。

大山さんの話を聞き、皆様で一緒に死刑制度について考えてみませんか。ぜひご参加ください。

【リセンス学級会】とは

〝RE-SENSE(リセンス)″=新たな認識、価値観”を発信することを目指したトーク・イベント。 ●廃校となった小学校の教室を舞台に、最大40名の少人数で、学級会形式で行う。 ●マイクもいらない5mの距離で、講師による講義を元に参加者でディスカッションを繰り広げる。 ●これまで、菅家俊和(足利事件・冤罪被害者)、坂本敏夫(元刑務官)、浜矩子(エコノミスト) 五味洋治(東京新聞編集委員)、佐藤優(作家)、片山さつき(参議院議員)<敬称略>など、 各方面の方に講師として招き、参加者と熱い討論を繰り広げてきました。

◆開催概要


●日時:2012/8/27(月)19:00-20:30(開場18:30)

●会場:
『芸能花伝舎』(新宿区西新宿6-12-30)
丸の内線「西新宿駅」出口2から徒歩6分
都営大江戸線「都庁前駅」A5出口から徒歩7分
http://www.geidankyo.or.jp/12kaden/chizu/index.html

●参加費:
A 生徒席(聴講・発言あり)  2,500円
B 参観席(聴講のみ) 2,500円

【参加のお申込は『リセンス学級会公式サイト』よりどうぞ】
 http://www.brain-communications.jp/rg/index.html

●ご注意事項
※準備の都合上、お申込み・キャンセルは、8/24(金)までとさせて頂きます。以降のキャンセルについては参加費を請求させて頂く場合がございます。
※お申し込み後、ご入金方法についてのご案内をお送りします。
※演題は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。

◆取材お申込み
プレスご招待席を用意させて頂きますのでお手数でございますが、「お名前/所属/連絡先」をお知らせ下さい。席の確保が出来次第、ご連絡を差し上げます。

【お問合せ】
株式会社ブレイン・コミュニケーションズ
http://www.brain-communications.jp/
〒102-0093
東京都千代田区平河町1-5-13
平河町UTビル 5F
TEL:03-3288-6981 FAX:03-3288-7307
(担当)月村 tsukimura@brain-communications.co.jp

Event Timeline
Mon Aug 27, 2012
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
芸能花伝舎
Tickets
A 生徒席(聴講・発言あり) ¥2,500
B 参観席(聴講のみ) ¥2,500
Venue Address
新宿区西新宿6-12-30 Japan
Organizer
リセンス学級会
1 Follower