Event is FINISHED

杉井ギサブロー×佐渡島庸平×増子貴志×山内康裕 「モーションコミックの現在と可能性について語る」

Description

マンガ業界で市民権を得つつある、モーションコミック。


モーションコミックとは、マンガのの静止画像を使って構成された動画コンテンツです。

マンガ家の描いた絵がそのまま使うことにより、マンガ本来の魅力を伝えつつ、

動画にすることにより、日本のマンガの読み方に慣れていない海外でも

マンガの世界を気軽に楽しめる可能性を秘めています。


今回のトークでは、

モーションコミックの現状や可能性について、

3者の視点から明らかにしていきます。



杉井ギサブロー

1940年静岡県生まれ。アニメーション映画監督。

東映動画にアニメーターとして入社し、後に虫プロ創立に参加。

「鉄腕アトム」演出、「悟空の大冒険」にて初監督。「まんが

日本昔ばなし」「キャプテン翼」ほか多数の作品を手がけ、主な

監督作品に「銀河鉄道の夜」「タッチ」「あらしのよるに」など

がある。2012年夏公開の宮沢賢治原作「グスコーブドリの伝記」

が第16回メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。

京都精華大学では、アニメーションの「動学」「映像言語」の研究

をもとに、「原論」「演出論」の講義を行っている。




佐渡島庸平

株式会社コルク

代表取締役社長

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テンプリズム』(曽田正人)、『インベスターZ』(三田紀房)の編集に携わっている。


撮影:神戸健太朗


増子貴志
株式会社シフトワン
メディアビジネス部 部長


山内康裕

1979年生。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。20歳から仕事や勉強の傍らマンガ業界の研究を始め、2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し代表を務める。イベント・ワークショップ・デザイン・執筆・選書(「このマンガがすごい!」等)を手がける。また、2010年にはマンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」を設立し、マンガに関連した施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務を提供している。「DOTPLACE」にて『マンガは拡張する』を連載中。「立川まんがぱーく」コミュニケーションプランナー、「NPO法人グリーンズ」監事、「Yamauchi Accounting Office」税理士も務める。


【出演】

杉井ギサブロー
佐渡島庸平
増子貴志
山内康裕



【日時】
2014年11月16日(日)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen 1drink







Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-11-03 03:05:57
More updates
Sun Nov 16, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,534 Followers