Event is FINISHED

新しいワークスタイルを考えるワークショップ

10月28日(火)リトルトーキョーにてスタート
Description
【新しいワークスタイルを考えるワークショップ】
10月28日(火)18:30よりリトルトーキョーにてスタート!

ゲスト:吉岡 隆幸 さん

【イントロ】
新しい仕事を考えよう!
新しい働き方をデザインしよう!
新しい社会とのかかわり方を作ろう!

~田舎暮らしがしたいけど、仕事のことが心配。
~人と人を結ぶような仕事がしてみたい。
~いまの生活や仕事の働き方に不安がある。

大人になった私たちが一番多くの時間を使うのは「仕事」です。当然お金を稼ぐためにも仕事をしなくてはいけません。

しかし、逆に「仕事」の時間に自分のやりたいことが押しつぶされているのは、もったいないですよね。
自分のやりたいことが「仕事」になれば、多くの時間を使う価値をきっと見出せるようになるはず。

いま、都市でも田舎でも新しい仕事の「種」がこぼれ落ちています。
その種から、芽を出させて、花を咲かせ、実を収穫できるようなことが、いろいろなところで求められています。

これから、
「仕事作り」を仕事にしているかたがたをゲストにお招きし、
また、僕が活動する千葉県房総半島でのさまざまな活動を紹介しながら、
ニーズから始まる「仕事作り」のあり方を、みんなで考える時間をつくっていこうと思っています。

【ゲスト紹介】
吉岡 隆幸 さん
合同会社SOZO代表
農林水産省 6次産業化プランナー/国内旅行業務取扱主任者
大学在学中に、若者の農的コミュニティの立ち上げと運営、ボランティアサークルの代表、バリアフリー旅行のサポートスタッフなどを経験し、
卒業後は大手旅行会社に勤務。バリアフリー旅行の専属スタッフとして、
世界中を舞台としたバリアフリ-ツアーの企画・手配・添乗を務める。
4年間の勤務後、在学中からの希望だった農業と地域活性化の現場で
活動するため、埼玉県から千葉県九十九里へ移住。
学生時代から実践していた農薬や化学肥料を一切使わない野菜づくりに加え、九十九里では農薬や化学肥料を一切使わない米づくりにも従事。
また、特定非営利活動法人TINA いなか日記事業部のディレクターとして、農業体験ツアーや農業研修、田舎暮らし研修の受入を積極的に行いながら、農林水産省の「田舎で働き隊!」事業を3年連続で受託し、
農業と地域の活性化を目指した活動に尽力。
2012年、内閣府の「地域社会雇用創造事業」の支援を受け、特定非営利活動法人TINAより独立し、合同会社SOZOを設立。

【場所・日時】
舞台:リトルトーキョー1階

10月28日(火)
18:30から21:00までがコアタイム
その後、適当な時間まで交流会
18:00開場
途中入退出OKです。ただし、ドタキャンはNGでおねがいします。

【定員】
できるだけ密度の濃い話し合いをしたいと考えていることから、20名までで定員とさせていただきます。
(WS準備の関係上それより少ない人数でも打ち切る可能性があります)

【参加費】
1,500円。(資料代として)
当日、リトルトーキョーのご都合でカフェ営業はしておりません。
懇親会時のドリンク代・食事代については別途割り勘とさせてもらいます。

【申し込み方法】
事前予約制

【協力】
いすみ未来のふるさと協議会

Event Timeline
Tue Oct 28, 2014
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
リトル・トーキョー
Tickets
ワークショップ参加 ¥1,500
Venue Address
東京都 港区東京都港区愛宕1丁目2−1 Japan
Organizer
Ishikawa Yoshiki
13 Followers
Attendees
11 / 25