Event is FINISHED

軸原ヨウスケ×笹久保伸×青木大輔 「越境する表現者たちの出会い 秩父前衛派meets粟津潔」 『すてたろう』(現代企画室)刊行記念

Description

大人になった すてたろうたちへ――
グラフィックデザイン界の鬼才・粟津潔(1929-2009)が、生涯で唯一発表した劇画作品《すてたろう》(1970)。
絵師としての才覚を存分にふるった濃密な画面は今なお新鮮で、川に流された無数の嬰児が荒野を埋めつくす様は、2014年の現在にこそ読む者の胸に深く突き刺さる。
そして劇画《すてたろう》に呼応し、45年の時を超えて《すてたろう組曲》(15曲、49分)が新たに生まれた。作曲・演奏は、多彩な活動で日増しに存在感を高めている異能の音楽家集団、秩父前衛派の笹久保伸(1983-)と青木大輔(1985-)。秩父の地から、時代、地域、ジャンルの壁を壊して独自の表現を発信し続ける彼らもまた、荒野をガレキとともに転がるすてたろうたちなのか。曲中の〈声〉は、椹木野衣との新ユニット「グランギニョル未来」が注目を集める飴屋法水(1961-)が担当した。
また冊子には、1950年代後半から撮影してきた粟津潔の未発表写真作品を多数収録。劇画×写真×音楽作品の充実した内容。
荒野を生きる表現者たちの感性が、時代とジャンルを超えて結びつく衝撃のコラボレーション、ここに誕生!



『すてたろう』の刊行を記念し、「すてたろう組曲」を産んだ秩父前衛派のお二人、笹久保伸さんと青木大輔さん、ゲストに「あそびのデザイン」をテーマに活動するデザインユニットCOCHAEを立ち上げた軸原ヨウスケさんをお招きし、トーク&ライブを開催いたします。
秩父前衛派は、埼玉県秩父市に伝わる「仕事歌」を新しい解釈で演奏しています

一方、COCHAE(こちゃえ)の名前の由来は、軸原さんの出身地である岡山県の伝承民謡、備前岡山太鼓唄「こちゃえ節」。
ローカルのスピリットを持ちながら世界に向けて表現する彼らに、粟津潔の魅力を起点に、自由に語っていただきます。

トークの合間のライブも、お楽しみください。



【出演】
軸原ヨウスケ (COCHAE)
笹久保伸 (秩父前衛派)
青木大輔 (秩父前衛派)


【日時】
2014年11月2日(日) 15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order



Event Timeline
Sun Nov 2, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,567 Followers