Event is FINISHED

多和田葉子×岩川ありさ「朗読、笑い、お話——反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」

Description

日本語とドイツ語のあいだに「詩的な峡谷」を見出しながら創作を続けている作家・多和田葉子さんをお迎えし、「反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」をテーマにお話をうかがいます。


多和田さんは、近年、「不死の島」(『それでも三月は、また』講談社、2012)、「動物たちのバベル」(『すばる』2013年8月号)、「献灯使」(『群像』2014年8月号)、「彼岸」(『早稲田文学』2014年秋号)など、「震災後文学」と呼ぶべき作品を多く発表しています。


自ら歩いた福島の記憶、そして、文学が持つ想像力について、多和田さんの朗読とお話をたっぷりとお届けします。


【出演】

多和田葉子(作家)
聴き手:岩川ありさ(現代日本文学)



【日時】
2014年11月07日(金)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen 1drink




Event Timeline
Fri Nov 7, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers