Event is FINISHED

藤原カムイ×小野耕世「ウィンザー・マッケイ没後80年 時代を超えて新しい『リトル・ニモ』の魅力を語る」 『リトル・ニモ 1905-1914』(小学館集英社プロダクション)刊行記念

Description

“ウィンザー・マッケイは、『リトル・ニモ』のなかで、ありとあらゆるコミック・ストリップの技法上の実験を、早くもやってしまったのだ。線と色彩、言葉と画面の全体としての新機軸をうちだした。彼は、コミック・ストリップを発見した、というよりほとんど発明したといってもいいだろう。”

(『リトル・ニモ 1905-1914』訳者解説より)




マンガの発明者にして、アニメーション映画のパイオニア、ウィンザー・マッケイが亡くなって今年で80年。マッケイの代表作である『リトル・ニモ』は、世界中の名だたるクリエイターに影響を与えており、誕生から100年以上が経った今も、その輝きは色褪せることがありません。


今回、1905年から1914年までの連載を完全収録した邦訳決定版『リトル・ニモ 1905-1914』が刊行されたことを記念して、屈指のニモファンとして知られる漫画家の藤原カムイ氏と、『リトル・ニモ 1905-1914』の訳者であり日本に初めて『ニモ』を紹介した功労者でもある小野耕世氏が、ニモの魅力を語りつくします。





【プロフィール】


●藤原カムイ(ふじわら・かむい)

1959年生まれ。桑沢デザイン研究所卒。1981年、『バベルの楽園』でデビュー。代表作に『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』(スクウェア・エニックス)、『雷火』(幻冬舎)、『アンラッキーヤングメン』(角川書店)などがある。近作では、BD作家ジャン=ダヴィッド・モルヴァン原作による「不思議の国のアリス」を下敷きにした異色SF『LOVE SYNC DREAM』(徳間書店)や漫画家・藤原カムイの誕生を描いた自伝的作品『ROOTS』(集英社)などで活躍の場を広げている。



●小野耕世(おの・こうせい)

1939年、東京生まれ。国士舘大学21世紀アジア学部客員教授。日本マンガ学会理事。日本における海外コミックスの翻訳および研究、紹介の第一人者で、長年の海外コミックスの紹介と評論活動が認められ、2006年に第10回手塚治虫文化賞特別賞を受賞。主な著書に『世界コミックスの想像力 グラフィック・ノヴェルの冒険』(青土社)、訳書にアート・スピーゲルマン『マウス』(晶文社)、ジョー・サッコ『パレスチナ』(いそっぷ社)、パコ・ロカ『皺』(共訳・小社)などがある。

【出演】
藤原カムイ(漫画家)
野耕世(翻訳家)


【日時】
2014年10月25日(土)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen 1drink




Event Timeline
Sat Oct 25, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers