Event is FINISHED

土方巽1960 しずかな家

五人の舞踏家による白昼夢
Description
「アートの町」としてなにやら騒がしい横浜・黄金町。
このイベントは黄金町の地域資源として、前衛舞踊表現である「舞踏」の創始者・土方巽(ひじかた・たつみ)に光を当てるものです。

土方が黄金町(正確には横浜市中区赤門町1-12赤門荘)に越してきたのは1960年のことです。
前年に当たる1959年、土方は初期の代表作「禁色」(原作=三島由紀夫)を発表。同作品において、やはり舞踏の創始者の一人である大野一雄の息子・慶人と共演しています。
 
黄金町時代の土方を語る際、大野一雄を無視することは出来ません。土方は、当時反町(横浜駅から一駅の距離)に住んでいた大野を訪ね、ともに稽古を重ねたそうです。
 
町をあげてのアートイベント「黄金町バザール」を開催する度に、招聘されたアーチストのうち何名かが、現在上星川(横浜市保土ヶ谷区)にある大野一雄舞踏研究所を訪れるそうです。舞踏は横浜のアートシーンにとって地域資源と言えるでしょう。この資源を使わない手はありません。しかし、ミナトヨコハマが「舞踏の父」こと土方巽と「舞踏の母」こと大野一雄の二人がどちらも暮らした世界でたっ た一つの町だということを、いったいどれだけの人が知っているでしょうか?
 
当日は五人の舞踏家が街に出て踊りますが、舞踏の鑑賞と同時に、黄金町一帯のまちあるきを楽しむことも重視しています。同地区は土方巽が暮らした当時の面影を色濃く残しています。街に所縁の故人を偲ぶことで見慣れた街角が異化され、黄金町の再発見に繋がっていくことでしょう。

もちろん土方が暮らしたアパートの跡地もお教えいたします。
 
【日時】
2014年11月8日(土)〜9日(日)
両日とも13:00-15:20頃(12:30受付開始)

【集合場所】
黄金町かいだん広場
〒231-0066 横浜市中区黄金町1-2番地先(京急線高架下)
http://koganecho.net/air/short_term/2011/12/short-term-36.html

アクセス:
1)京浜急行「黄金町」駅下車。ひたすら線路(高架)沿いを横浜/日ノ出町方向に直進。大岡川の末吉橋近く。

2)京浜急行「日ノ出町」駅下車。ひたすら線路(高架)沿いを久里浜/新逗子/上大岡方向に直進。大岡川の末吉橋近く。

【参加費】
1,500円(当日・前売り同額)

【出演者】
・成瀬信彦
・細田麻央
・成田護
・川村信博
・PANCHA

【企画・制作】
 檀原照和

出演者プロフィールなどの詳細は以下のURLを参照して下さい

https://www.facebook.com/events/817189888350893/817209251682290/?notif_t=plan_mall_activity

予約者には、町のエピソードを吹き込んだ音声データ( mp3ファイル)をお送りいたします。
当日、町歩きしながら任意の場所で再生して下さい。

*音声ファイルの有無によって、作品体験が大きく異なります。より深く作品を体験して頂く為に、前売り券の購入を推奨いたします。

■追記:10月24日

この企画は「舞踏込みの遊歩型ツアーパフォーマンス」です。

地図とガイドブック代わりの当日パンフを頼りに、観客が各々自立的に町歩きします。
グループになってツアーするという形を取りません。
チェックポイント的な箇所がいくつかあり、そこで物語調のオーディオファイルを再生します(予約者特典)。
オーディオファイル希望者は要事前予約です。

結果的に予約組と当日受付組とで、クオリティーや感触がかなり異なる作品となっております。
(この部分が伝わりづらいらしく、ちょっと困っています)

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-11-03 13:49:29
More updates
Nov 8 - Nov 9, 2014
[ Sat ] - [ Sun ]
12:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
黄金町かいだん広場
Tickets
一般前売り(特典あり) ¥1,500
Venue Address
横浜市中区黄金町1-2番地先 Japan
Directions
京急線「黄金町駅」または「日ノ出町駅」から徒歩7分
Organizer
檀原照和(スタジオ天神橋)
12 Followers