Event is FINISHED

平野啓一郎 「小説家の偏愛 〜文学、音楽からファッション、フードまで「素晴らしい!」と思えるものをひたすら礼賛する幸福な一夜〜」

Description

小説家・平野啓一郎さんは偏愛の達人であり、愛するものの魅力を礼賛する達人でもあります。生まれ育った北九州では音楽と文学にどっぷり浸かり、大学時代を過ごした京都ではバンド活動に励みながらお酒の愉しさに目覚め(バーでのアルバイトも)、一年ちかく暮らしたパリではヨーロッパの芸術からファッション、食までの真髄に触れた小説家。そんな平野さんが心から「素晴らしい!」と思うものをリラックスして語ります。ぜひ皆様もお酒を片手にお楽しみください。

(聞き手・「新潮」編集長 矢野優)

///////////////////////////////////////////////////////////////////

*平野さんが好きなものの一例(日経トレンディネット「私が勝手に好きなもの」)

エメリヤーエンコ・ヒョードル

会田誠

タモリ

ストーム・トーガソン

ジョシュア・レッドマン

落合博満

ブラックマヨネーズ

ピエール・エルメ

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/coltop/20061127/119893/

//////////////////////////////////////////////////////////////

*平野さんへの質問を事前にお受けいたします(ただし、時間の都合でお答えできないこともありますので、あらかじめご了承ください)

*よりトークを楽しんでいただくためのオススメ本;

最新小説集『透明な迷宮』(新潮社刊)

7年ぶりのエッセイ&対談集『「生命力」の行方〜変わりゆく世界と分人主義』(講談社刊)


******************************************

■プロフィール
平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)
1975年愛知県生まれ。北九州市で育つ。京都大学法学部卒。大学在学中の1999年、「新潮」に投稿した『日蝕』により芥川賞を受賞(当時最年少)。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。著書に『日蝕』、『葬送』、『決壊』、『ドーン』、『かたちだけの愛』、『私とは何か――「個人」から「分人」へ』、『空白を満たしなさい』などがある。最新小説集『透明な迷宮』はスリリングな物語と深い世界観が大好評。最新著作は7年ぶりのエッセイ&対談集『「生命力」の行方〜変わりゆく世界と分人主義』(講談社刊)。


※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場18:30/自由席になります。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-10-24 01:14:15
Fri Oct 31, 2014
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売 ¥2,000

On sale until Oct 31, 2014, 4:00:00 PM

Venue Address
東京都新宿区矢来町67 Japan
Organizer
主催:新潮社 共催:ラカグ
4,160 Followers