Event is FINISHED

奥本英樹×西田亮介「南相馬サーフツーリズムの可能性――福島はいま #3」 @Ryosuke_Nishida

前売/2600円(1ドリンク付き)◆==ゲンロン友の会/学生証提示で2100円に!==◆イベント後はバータイムになります。お楽しみ下さい!
Description
  • 当日券は3100円 (1ドリンク付き)です。ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2600円になります。
  • お席はチケット購入順ではなく、当日ご来場になった方から順にご案内致します。
  • 友の会会員限定指定席にはキャッシュバックはありません。複数席を予約される場合は、お連れの方が友の会会員でなくても結構です。
  • 開場時間はイベント開始1時間前の18:00となります。

【イベント紹介】

震災から3年が経過して、福島の問題に直接関心を持ちにくくなっている。
しかし、今、改めて、ミクロの視点から、丁寧に見つめなおしてみると、
これまで知らなかった福島の姿が浮かび上がってくることもまた事実である。
震災前の福島の、あまり知られていない側面として、「サーフィンのまち」としての顔がある。
日本で、サーフィンというと、湘南か千葉、少し詳しい人だと、宮崎や新島を挙げるのではないか。

福島にも、かつて、世界大会が開催され、日本のプロツアーも開催されるほどの
クオリティの波があったことはあまり知られていない。その波を求めて、都会から波を目当てに訪れる人たちがいて、
サーフショップがあり、地域経済圏の一翼を担っていた。
当時の福島におけるサーフィンには、地域資源としての実態があった。
そこで、行政を巻き込みながら、「サーフツーリズム」が構想されていた。
しかし、震災が全てを変えてしまった。現状、福島の海でのサーフィンは「自粛」が要請されている。

サーフィンは、文化であり、スポーツである。
よくいえば、その両方の長所を兼ね備えている。
しかし、サーフィンは、日本社会において、メジャーで、マイナーな存在でもある。
サーフブランドのロゴマークは、アパレルや日用品のなかで
日常的に見かけるが、その実態や歴史についてはほとんど知られていないという意味においてである。

サーフィンと福島は、どのように結びつくことができるのだろうか。
あるいは、福島の復興に貢献できる可能性があるのだろうか。
今あらためて、福島とサーフィンの関係について、紐解いてみたい。(西田亮介)


☆西田亮介さんにとってサーフィンとは☆

「その日に海に入るか、入らないかから始まって、運転して海に向かって、サーフィンして、家に帰り着くまで、徹頭徹尾、自己責任原則が貫かれた実は個人主義的な世界観が大好きです。
全然上手くなりませんが、最近は上手くなることよりも、自分のペースで継続しながら楽しんでいます」


南相馬市原町区の北泉海岸は、
世界的なサーフィンの名所として知られている。
震災前には年間10万人ともいわれる愛好家が当地を訪れ、
プロサーフィンの世界大会も開かれた。

しかし、この豊かな海資源は、
南相馬のまちづくりにおいて、
十分に活用されてはこなかった。

そこに注目したのが、福島大学の奥本英樹だ。
奥本の「南相馬市サーフツーリズム構想」は、
南相馬を世界の先進地域と並ぶサーフタウンにすることを目指している。
その過程で必要な安全なマリンレジャーの確立は、
人材育成や雇用の促進につながり、
飲食・宿泊といった既存産業も活性化が見込める。
ライフセーバーの組織化、地元住民への講習会など、
奥本のプロジェクトは着々と進行していた。

しかし2011年、東日本大震災により、
北泉海岸は甚大な被害を受けた。
現在は復旧工事の過程であり、
日本サーフィン連盟はビーチ開放の見通しがつくまでの間、
サーフィンを自粛するよう求めている

だが、南相馬の復興を考えるうえで、
海資源の活用は欠かせない。

サーファーが集う海を取り戻すこと、
サーフシティとしての姿を確立することが、
南相馬がより豊かに、力強く発展するための基盤になるのではないか?
だとすればそのためにはなにが必要で、
どんな課題をクリアしなければいけないのだろうか?

対談相手を務めるのは、ネット選挙の研究で知られる一方で、
大震災後の社会学』(共著、講談社現代新書)、
ソーシャル・エンタプライズ論』(共著、有斐閣)などの著書もあり、
地域経済の復興や社会的企業についても詳しい社会学者の西田亮介。
なにより西田は自身がサーファーであり、
「サーフィン(とその研究)」をライフワークに掲げ、
新島とサーフィン史についての論文(共著)を書いてもいる。

「サーフィン」という娯楽が、
復興に果たす役割とはどのようなものなのだろうか。
観光資源としてのサーフィン、福島におけるその展開可能性を問う。


【出演者紹介】


奥本英樹(おくもと・ひでき)



1967年生まれ。福島大学経済経営学類教授。NPO法人ハッピーアイランドサーフツーリズム理事、NPO法人オンザロード福島支部理事。
学問領域上の専門のほか、自然環境への配慮をテーマとした地域経済活性化プランとして「南相馬市サーフツーリズム」を提唱。サーファー、市民、行政、観光・商工業者などが連携し、海の年間活用を通じた、地域振興と市民価値向上の達成を目指している。主な著書に『ビジネスファイナンス論』(学文社)、『基本商業簿記演習』(創成社)など。


西田亮介(にしだ・りょうすけ)



1983年京都生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘准教授。専門は情報社会論と公共政策。著書に『ネット選挙――解禁がもたらす日本社会の変容』(東洋経済新報社)、『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(NHK出版)など。近著に工藤啓との共著『無業社会――働くことができない若者たちの未来』(朝日新書)がある。


【注意事項】

  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • イベントの録画・録音はご遠慮下さい。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございます。あらかじめご了承ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-10-12 06:26:14
More updates
Fri Oct 24, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売分 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,600
友の会会員限定最前列席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※ 会員番号が必要となります ¥2,600
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,749 Followers