Event is FINISHED

菅俊一×山本晃士ロバート×水野祐×内沼晋太郎×後藤知佳 「『まなざし』のまなざし」 『まなざし』(ボイジャー)刊行記念トーク+電子サイン会

Description
これからの執筆・編集・出版にまつわるサイト「DOTPLACE」でとりわけ人気を集める、研究者/映像作家の菅俊一さんによる連載コラム「まなざし」。読むこと/書くこととその周辺に潜む日常の違和感を丁寧に紐解いていく数々の手記は、去る7月に一冊の電子書籍として刊行されました。本を作る過程で生じるさまざまな価値判断や、それを売るということ、そして現在展開中の型破りな『まなざし』のプロモーションの試みの始まりについて、今回は特別にお話しします。トーク後、来場者の方に『まなざし』電子書籍データへのサイン会(史上初?)を開催します!
第1部:「『まなざし』ができるまで」菅俊一×山本晃士ロバート(ユーフラテス/『まなざし』カバーデザイン)
第2部:「『まなざし』を売ること/「開く」こと」菅俊一×水野祐(弁護士/シティライツ法律事務所代表)
+『まなざし』電子サイン会


聞き手:内沼晋太郎、後藤知佳(ともにNUMABOOKS)<

【プロフィール】
菅俊一
1980年東京都生まれ。研究者/映像作家。人間の知覚能力に基づいた新しい表現の在り方を研究し、映像や展示、文章をはじめとした様々な分野で活動を行なっている。主な仕事に、NHKテレ「2355/0655」ID映像、での連載「AA’=BB’」、著書に「まなざし」(ボイジャー)、「差分」(共著・美術出版社)など。2014年4月より多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の専任講師に就任
山本晃士ロバート 1979年生まれ。ユーフラテス所属のアートディレクター。近年の仕事に、NHKEテレ『2355・0655』『ピタゴラスイッチ』のコーナー映像制作、『考えるカラス』ロゴデザイン、21_21 DESIGN SIGHT『これも自分と認めざるをえない展』展示制作およびアートディレクションなど。

水野祐
弁護士。シティライツ法律事務所代表。武蔵野美術大学非常勤講師(知的財産法)。 Arts and Law代表理事。理事。Fab Commons(FabLabJapan)などにも所属。音楽、映像、出版、デザイン、、建築不動産などの分野の法務に従事しつつ、カルチャーの新しいプラットフォームを模索する活動をしている。共著に『クリエイターのための渡世術』(ワークスコーポレーション)、共同翻訳・執筆を担当した『オープンデザイン―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』(オライリー・ジャパン)などがある。[Twitter]@taaaaaaaaaask

【出演】 菅俊一(研究者/映像作家) 山本晃士ロバート(ユーフラテス所属・アートディレクター) 水野祐(弁護士・シティライツ法律事務所代表) 内沼晋太郎(NUMABOOKS) 後藤知佳(NUMABOOKS) 【日時】 2014年9月28日(日) 19:00~21:00 (18:30開場)
【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen 1drink

Event Timeline
Sun Sep 28, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,564 Followers