Event is FINISHED

川内有緒×高野秀行 「国連の舞台裏とパリライフの現実」 『パリの国連で夢を食う。』(イースト・プレス)刊行記念

Description

 

『パリの国連で夢を食う。』は、川内有緒さんの5年半におよぶ国連での体験とパリでの生活を綴った記録。

今回はその刊行を記念して、実はこの本のタイトル名付け親でもある高野さんと、国連の舞台裏やパリライフを盛りだくさんに話します。

 

外からは見えない国連の仕事ぶり、また奇妙な慣習やイベントの数々。そこに集う個性的な職員たち。そして、海外で暮し、働くとは、どういうこと? などなど。

 

何を隠そう高野さん、仏文科出身で、ワインもチーズも大好き。パリに長期滞在したこともありますが、そこはさすが辺境ノンフィクション作家、ちょっと変わったその目的とは……。

 

またバングラディシュなど、共通の本の舞台のことを話しながら、二人がいったいどんな風に取材をして本にしているのか、そんなノンフィクション執筆の裏側も飛び出しそう。

 

グローバルの最先端!の話のはずながら、どこかゆるい、でも驚きに満ちた時間になりそうな二人のトークです。

 

【プロフィール】

・川内有緒(かわうちありお)

東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、アメリカ・ジョージタウン大学にて修士号を取得。

コンサルティング会社やシンクタンクに勤務し、中南米社会の研究にいそしむ。

その合間に南米やアジアの少数民族や辺境の地への旅の記録を、雑誌や機内誌に発表。

2004年からフランス・パリの国連機関に5年半勤務したあと、フリーランスに。

現在は東京を拠点に、面白い人やモノを探して旅を続ける。著書に『パリでメシを食う。』(幻冬舎文庫)。

第33回新田次郎文学賞を受賞した『バウルを探して~地球の片隅に伝わる秘密の歌~』(幻冬舎)がある。

 

・高野秀行(たかのひでゆき)

1966年 東京都生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部在籍時に執筆した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。

「誰も行かないところへ 行き、誰もやらないことをし、それをおもしろおかしく書く」をモットーとする。

主な著書に『アヘン王国潜入記』、『西南シルクロード は密林に消える』など。2006年 『ワセダ三畳青春記』で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。

2013年『謎の独立国家ソマリランド』で第35回講談社ノンフィクション賞を、第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。

 
【日時】
2014年9月21日(日) 19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】  
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Sun Sep 21, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,553 Followers