Event is FINISHED

”日本人”の働き方を問い直す

manabi asobi vol.14
Description
海外で働くと、日本人と現地の方々の働き方の違いを目の当たりにします。
なんで夜中まで日本人だけがオフィスに居るの?
なんで日本人は夜中まで仕事頑張ってるのに、生産性が低いの?
日本人の働き方って、幸せなの?
今回は2名の豪華ゲストと共に参加者と共に「日本の働き方」について対話をします。
  • ミャンマー・シンガポール・インドを舞台に活躍しながら多国籍スタッフをまとめ上げる敏腕経営コンサルタント
  • 新卒から海外の荒波を渡り歩き、現在は世界最大級の有名外資系IT企業で働く若手女性

【ゲストプロフィール】

Takehiro Murayama(コンサルティングファーム勤務)

JR東海の「そうだ京都行こう」につられ京都の大学へ進学、就職。鉄腕アトム(人工知能)を作ろうと入社した会社は人工知能から撤退済みと知る。目標を見失いながらも、コンサルタントにキャリアチェンジ。自由な風土の中で多種多様な案件を担当しトントンとキャリアの階段を登る。現在はインド、シンガポール、ミャンマーといった東南アジア案件をシニアマネージャーとして担当。

しかしそこで、日本人と現地の方々の働き方の違いを目の当たりに。なんで夜7時を過ぎると、日本人だけがオフィスに居るの?なんで日本人は夜中まで仕事頑張ってるのに、生産性が低いの?日本人の働き方って、幸せなの?中間管理職として日頃感じる、マネジメントとスタッフの間の価値観の違い。働く時間は一体誰のものだろうという疑問。今回はそんな話をしたいと思います。グローバル案件に興味がある若手だけではなく、ぜひ、管理職として悩みを抱える方もぜひお越しください。

Takako Nakazawa (外資系IT企業勤務)

長野出身。小さいころから建築家を夢見るも、”これからはエネルギー”と思い、2001年筑波大学エネルギー工学専攻へ。卒業後は技術経営を学ぶため東工大MOTへ入学。大学院在学中にインドの可能性に惚れ込み、2007年東京工業大学大学院卒業後、インドIT企業大手のInfosysへ新卒で入社。インドバンガロールでエンジニアとして勤務、その後外資系ITコンサルやクラウドベンダーを経て、現在は大手外資系IT企業にて法人向け営業を担当。趣味は料理、ゴルフ、ジョギング。自然をこよなく愛する。

海外、そして外資系企業勤務の経験を通じて、国内外・多国籍企業で働くことの意義や、一人ひとりにとって幸せな働き方とは何か、ということを皆さんと考えていきたいと思います。

【対象】

  • これからグローバルでの仕事に興味がある方
  • グローバルプロジェクトで悩みを抱えるマネジメント層、あるいはスタッフ
  • 日本の働き方に何らか疑問を持っている方
  • 日本/海外で働くことの違いを知りたい方
  • 自分自身の働き方を振り返りたい方
  • 自分にとってのの幸せな働き方を定義したい方
  • 異業種ネットワークを増やしたい方

【参加費】

  • 2000円<キャンセルポリシー>※3日前〜当日キャンセル料は返金不可

【アジェンダ】
  • 13:45-13:55 受付
  • 14:00-14:15 manabi asobi からのメッセージ
  • 14:15-14:45「グローバルプロジェクトで感じる、マネジメントとスタッフの間の価値観の違い〜仕事の時間は誰のもの?〜」by Murayama-san
  • 14:50-15:20「海外を経て今思う、働き方のこれから」by Nakazawa-san
  • 15:25 15:55 参加者との対話
  • 15:55-16:00 ラップアップ
【主催】manabi asobi



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-09-19 03:10:41
More updates
Sat Oct 18, 2014
1:45 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥2,000
Venue Address
東京都港区東麻布1丁目7−3第二渡邊ビル 4階 Japan
Directions
大江戸線・赤羽橋駅(徒歩5分)※赤羽駅と名前が似ているのでご留意ください。
Organizer
イケハラマサコ
25 Followers