Event is FINISHED

面白い大学のつくり方 〜明るく、楽しく、自由に考える 大学の未来会議〜

CUC(千葉商科大学)国際教養学部 Presents 第3回グローバル人材育成シンポジウム
Description

気鋭の論客たちによる、ポジティブで建設的な、
日本の大学の明るい未来についての公開会議。


■おしらせ

第3回グローバル人材育成シンポジウムは、お陰様で定員に達しました。現在、受付は行っておりませんので、ご了承ください。なお、当日の模様はニコニコ生放送でご覧頂くことができます。

■パネリスト事前インタビュー記事配信のお知らせ

シンポジウムのコーディネーターを努める常見陽平(評論家/コラムニスト、2015年にCUC国際教養学部教員として就任予定)をインタビュアーとして、それぞれのパネリストへの事前インタビューを実施した内容を掲載しました。シンポジウムにご参加頂く前の、「予習」としてご覧頂ければ幸いです。

■出演者

  • パネリスト(五十音順)
    • 加藤 智久 氏 株式会社レアジョブ 代表取締役社長 CEO 
    • 酒井 穣 氏  株式会社BOLBOP 代表取締役 CEO 
    • 白河 桃子 氏 少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大客員教授

  • コーディネーター
    • 常見 陽平 千葉商科大学国際教養学部 教員(就任予定)
  • 開式の辞・閉会の辞
    • 宮崎 緑  千葉商科大学国際教養学部 学部長(就任予定)

■趣旨

「日本の大学は生き残れるのか?」

 ここ数年、日本の大学のあり方に関しての議論が盛り上がりを見せています。メディアでは大学のあり方に関する特集をよく見かけます。グローバル化の波にどう応えるか、ICTをいかに活用するか、教育・研究のレベルをいかに上げるか、18歳人口が減少する中で学生をいかに集めるか、卒業する学生の進路をどうするか・・・大学をめぐる問題は山積しています。
 今回のシンポジウムでは、これらの悲観論をいったん手放し、日本の大学を面白くするためのアイデアを、気鋭の論客たちが、大胆なアイデアから、現実的に今すぐできることまで、公開会議形式で語り合います。ポジティブに、建設的に、日本の大学の未来についての公開会議として行います。また、2015年4月に新設されるCUC(千葉商科大学)国際教養学部についてもご意見を頂きます。

 刺激的な意見が飛び交う90分間にしたいと思います。ご期待ください。

  • 日本の大学を面白くする明るい一手とは?
  • インターンシップ、ボランティア、留学だけではない、大学生がするべき多様な体験とは?
  • ICTを活用すると、大学はどこまで面白くなるのか?
  • キャリア形成支援のために、大学は何をするべきか?
  • 今後、「大学の先生」はどんな能力・資質が期待されるか?
  • いま、注目の新施策、教育メソッドとは何か?
  • 今すぐ解決すべき、大学の問題とは?

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-10-07 17:35:45
More updates
Thu Oct 9, 2014
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
千葉商科大学丸の内サテライトキャンパス Galleria商.Tokyo
Tickets
参加費無料
Venue Address
東京都千代田区丸の内3‐1‐1 国際ビル1F(お堀側) Japan
Directions
JR「有楽町駅」より徒歩2分 / 東京メトロ有楽町線「有楽町駅」直結 / 都営地下鉄三田線「日比谷駅」直結
Organizer
CUC(千葉商科大学)国際教養学部 設置準備委員会(2015年4月開設)
42 Followers