Event is FINISHED

阿部広太郎×松居大悟 「待っていても、はじまらない。〜時代を熱くする働き方〜」

Description
誰かから見つけられることを待つよりも。自分の手と足を動かして、人に会いに行って、恥をかいても、思いを伝えて、ひとつひとつ形にしていく。仕事って本当はそういうことなんじゃないか。自分で切り拓いていくもんなんじゃないか。ある時ふっとその事に気づきました。突然すみません。コピーライターをしている阿部広太郎です。ただ一行のコピーを書くのではなく、企画し、コピーを書き、人に会い、繋ぎ、仕事をつくる。言葉を味方に、大きな問題を発見して解く、全部やる。そんな仕事をはじめて今年で6年目になります。仕事のこと、働き方について、もっと言うと生き方について。他の業界の人や同世代の人はどう考えて、どう戦ってきているのだろう。そこにきっとヒントがあるはず。それならもう会いにいこう。話しにいこう。コピーライターとして、そこにある言葉を伝えていきたい。そう強く思いました。第一回目は、松居大悟監督。映画監督はもちろん、役者に、舞台演出に、声優に、脚本に。表現を味方につけて、どんどん新しいことを仕掛けていく。その姿勢にいつも刺激と嫉妬をもらっています。松居監督は、大学の同級生でもあります。向かい合って改めて話すのも恥ずかしいですが、だからこそできる本音の話がきっとあるはず。ぜひお越しください。

阿部広太郎
1986年生まれ、コピーライター。東京コピーライターズクラブ所属。
企画し、コピーを書き、人に会い、繋ぎ、仕事をつくる。言葉を味方に、大きな問題を発見して解く。全部やる。最近は、東進「いつやるか?今でしょ!」。バンド「クリープハイプ」プロジェクト。ルーミートを日本に広めるプロジェクト。赤塚不二夫のフジオ・プロ「へんな子ちゃん」編集など。

松居大悟
1985年生まれ、福岡県出身。
劇団ゴジゲン主宰。劇作家、演出家、映画&ミュージック・ビデオ監督、俳優として多方面で活躍。2009年にNHK「ふたつのスピカ」で同局最年少ドラマ脚本家デビュー。2012年に、商業映画「アフロ田中」で監督デビュー。最新作は映画「スイートプールサイド」また、クリープハイプ、大森靖子のMVを手がける。現在、WHAT's IN? WEBにて、「松の間」連載中。

【出演】
阿部広太郎(コピーライター)
松居大悟(映画監督)

【日時】
2014年8月30日(土)
14:00~15:30 (13:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Sat Aug 30, 2014
2:00 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,536 Followers