Event is FINISHED

「支援者・ソーシャルワーカーのためのセルフケア」

パトリシア・ケーンさん(Capacitar International 代表)によるキャパシター・1デイ・ワークショップ
Description
パトリシア・ケーンさん(Capacitar International 代表)による
「支援者・ソーシャルワーカーのためのセルフケア」
キャパシター・1デイ・ワークショップ

11月13日(木)9時30分〜15時30分
中央区立総合スポーツセンター・第二小体育室
参加費・2000円
(動きやすい服装にてご参加ください)

支援の現場や、地域での活動に活かせるよう、セルフケアとしてのキャパシターに注目し、一日ワークショップを開催します。どなたでもお気軽にご参加いただけます。

「キャパシター・心とからだのケア体操」では、簡略化された太極拳のような動きや、身体のつぼを優しく押したり、指を握りながら深く呼吸をするイメージ法といった誰でもできるシンプルな技法を行います。どれも簡単な動作ではありますが、東洋医学の技術や知恵と、西洋医学の理論を組み合わせて編み出された、トラウマからの解放や体の痛みを解消するためにとても効果的な技法です。
またグループでワークを行なうことにより、コミュニティ全体の癒しや ”和” を生み出すことができます。
恒常的にストレスにさらされ、社会変化の激しい現代の日本においては、キャパシターの技法は健康で自分らしい毎日を送るために、どこに暮らす・誰にでも、効果的な技法です。自分たちのためにキャパシターの技法を学び、それを家族や地域へ伝え広げていくことで、自らの生活と地球全体を癒し、よりよい未来へとつなげていくことを目指しています。


<パトリシア ケイン氏 プロフィール>

Capacitar Internaitonal 創設者/共同ディレクター

1988年以来、アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ等の26カ国で1000回以上の個人と社会の癒やしと変容にフォーカスしたセルフケアワークショップを行っている。20136月来日し、東京、宮城県石巻市を中心に日本で初めてのキャパシターワークショップを行った。心理学修士、及び多文化ウェルネス教育(Multicultural Wellness Education)博士。


<キャパシターインターナショナルとは?>

キャパシターインターナショナルは、1988年内戦終結後のニカラグアで傷ついた人々が簡単なマッサージや体操等でこころと体の健康を自分自身で保つことができるような方法を分かち合ったところから始まりました。”キャパシター”とはスペイン語で「命を引き出す」という意味です。今年で26周年を迎えるキャパシターインターナショナルはアフリカ、アジア、中南米等、人々がより健康で活き活きとした生活ができるよう草の根のレベルで活動を続けています。

キャパシターインターナショナル(http://capacitar.org/index.html


主催・ディープデモクラシー・センター

東京都中央区日本橋馬喰町1-1-2-7-303 050-5534-7421



Event Timeline
Thu Nov 13, 2014
9:30 AM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(一般) ¥2,000
Venue Address
中央区日本橋浜町2丁目59番1号 Japan
Directions
http://www.chuo-sports.jp/access.html
Organizer
deepdemocracy.center
88 Followers