Event is FINISHED

国際平和映像祭(UFPFF) 2014開催案内

ピースデー、9月21日に横浜で国際平和映像祭 2014が開催!平和テーマの映像の祭典!ピーストークやライブ。そしてNGO出展も。
Description

国際平和映像祭(UFPFF) 2014を国連が定めた国際平和デー、通称ピースデーの9月21日(日)に横浜で開催します。国際平和映像祭 2014ファイナリストたちの作品を上映し、グランプリ、地球の歩き方賞、なんプロ賞が決定します。
参考:国際平和映像祭 2014作品エントリーリスト ※ファイナリストではありません。

国際平和映像祭は5分以内の映像製作をきっかけに、世界中の若者たちが平和について考え、出会い、そして平和実現のために行動していくことを期待して毎年ピースデーに開催しており、今年が4年目の開催となります。


この日、ピースデージャパンと連携し
映像監督/アート・ディレクターの丹下紘希さん作品を特別上映。
ピースデージャパンの共同代表で、クリエイティブディレクターの並河 進さんとピーストークを予定しています。

追加トークゲスト決定!「ピースが、世界中に広がってほしい。」とピースアートプロジェクトを行う「retired weapons」の石川 淳哉代表もトーク参加!retired weaponsの展示、映像作品上映も行います。


そして『生きる312』で去年グランプリ&地球の歩き方賞をダブル受賞した明治学院大学の奥田愛基さんの新作ドキュメンタリーも上映します。


さらには、ピースデーライブとして、矢野ブラザーズのライブもありますし、国際協力NGOや学生団体の出展も予定しています!


ぜひファイナリストの熱いメッセージを聴きに来てください!
そしてライブやトークや出展もどうぞお楽しみください!!
多くの皆様のご来場をお待ちしております!!!

<国際平和映像祭(UFPFF) 2014 イベント概要>

【日時】
2014年9月21日(日) 16:00~20:00 ( 開場 15:30) 
※20時以後の交流時間は自由参加となります。

【プログラム】

1.ピースデー・トーク
  丹下紘希さん x 並河 進さんx 石川 淳哉さん
2.国際平和映像祭 2013 グランプリの新作上映&トーク
  「いつか忘れる/そしてまた思い出す」(仮)明治学院大学の奥田愛基さん
3.国際平和映像祭 2014 審査会 作品上映&ファイナリストスピーチ
4.ピースデーライブ with 矢野ブラザーズ
5.グランプリ他各賞発表
※20時以後は、出展エリアにて交流時間となります。

【参加費】
一般1,000円 学生500円

【募集人数】
200名

【募集対象】
どなたでも

【その他ご案内】
花を持ってきて下さったら、国際平和映像祭 特製miniマグネット(5cmサイズ)をプレゼント!

【場所】
横浜市教育会館ホール
〒220-0044 横浜市西区紅葉ヶ丘53番地
TEL 045-231-0960
最寄り駅:
JRの場合、桜木町駅から徒歩10分
市営地下鉄の場合、桜木町駅から徒歩10分
京急線の場合、日ノ出町駅から徒歩10分
最寄りバス停 横浜駅東口バス乗り場 B階段 
7番から103系統のバスに乗車 「戸部一丁目」下車 徒歩1分
※地下コインパーキング12台(有料)。数が少ないためご利用いただけない
 ことが予想されます。極力公共交通機関をご利用ください。

【主催】
一般社団法人 国際平和映像祭

【協賛】※敬称略
法人:湘南車屋、株式会社フォーバル、ユナイテッドピープル株式会社
個人:鈴木智子、西隆行

【賞品提供】
ダイヤモンド・ビッグ社

【後援】
JICA
横浜市文化観光局

【協力】
動く→動かす
8bitnews
なんとかしなきゃ!プロジェクト
mass×mass関内
横浜コミュニティデザイン・ラボ
孝道山

【メディアパートナー】
greenz.jp
ヨコハマ経済新聞

※カード決済が難しい方は当日払いも可能です。予約受け付けについては
お問い合わせよりご連絡ください。
※当日予約は、9月19日まで受付ます。
※当日参加も可能ですが満席の場合はご入場いただけません。


【国際平和映像祭(UFPFF) 2014 審査員】※敬称略
大久保秀夫(株式会社フォーバル代表取締役会長、
公益財団法人CIESF(シーセフ)理事長)
柿本ケンサク(theate-tokyo 支配人、映像作家、映画監督)
金大偉(音楽作家、映像作家)
高橋克三(国際平和映像祭理事)
龍村ゆかり(地球交響曲ガイアシンフォニー プロデューサー)
根本かおる(国連広報センター所長)

【国際平和映像祭(UFPFF)とは?】
国際平和映像祭(UFPFF)は学生などの若者を対象とした平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の若者が、映像によって国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月21日の国連が定めた国際平和デー、ピースデーに合わせて開催しています。

5分以内の映像製作を通じて、世界中の若者たちが平和について考え、平和実現のために行動していくことを期待しています。国際平和映像祭は映像をきっかけに、世界各国の作品エントリー者同士や関係者たちが「つながり」を持ち、違いを知り、共通点を知り、ファーストネームで呼び合えるような関係をつくっていくことで、平和の礎とすることができると考えております。

───────────────────────────────────
出演者プロフィール
───────────────────────────────────

丹下紘希
舞踏家大野一雄に師事。映像制作会社イエローブレイン並びにデザイン会社マバタキ製作所代表。 数百本のミュージックビデオを監督、作品集TANGE KOUKI MUSIC VIDEO COLLECTIONを発表。アートディレクターとしてジャケットデザイン、本の装丁、障がい者の就労支援啓発やアートイベントのプロデュースなどを手掛けてきた。 反原発を宣言し、2012年度で経営していた会社を一時休止。 原発事故を経てNOddINという芸術運動を仲間と立ち上げ、参加している。

並河 進
クリエイティブディレクター。「社会をよくする」広告のありかたを考え、ユニセフ「世界手洗いの日」プロジェクト、「ごしごし福島基金」、インドで衛生・栄養の教育を行う「THEATER FOR GOOD」など、さまざまなソーシャル・プロジェクトを手がけている。ピースデー・ジャパン共同代表。ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン・クリエーティブディレクター。上智大大学院非常勤講師。著書に『Social Design 社会をちょっとよくするプロジェクトのつくりかた』(木楽舎)『Communication Shift 「モノを売る」から「社会をよくする」コミュニケーションへ』(羽鳥書店)他。

石川 淳哉
1962年大分県生まれ|ソーシャル・バリュー・プロデューサー|世界のさまざまな社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求する人生と決断。主な仕事に、書籍『世界がもし100人の村だったら』、イベント「2002 FIFA WORLDCUP PUBLICVIEWING IN TOKYO」、ピースアートプロジェクト「retired weapons」、311復興情報配信プロジェクト「助けあいジャパン」、アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」などがある。自宅に太陽光発電を導入、EV車にシフト。シェア農園で完全無農薬野菜生産中。2015年3月、出身地大分県別府市で温泉力発電を開始。防災士。
株式会社 ドリームデザイン|代表取締役
公益社団法人 助けあいジャパン|共同創始者
株式会社 ベターワールドエナジー|取締役CCO|
株式会社 famitalk|共同創始者

矢野ブラザーズ
こちらをご覧ください。http://www.yanobrothers.com/biography/index.html
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-09-17 04:35:39
More updates
Sun Sep 21, 2014
4:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
横浜市教育会館ホール
Tickets
学生 ¥500
一般 ¥1,000

On sale until Sep 20, 2014, 4:00:00 PM

Venue Address
横浜市西区紅葉ヶ丘53番地 Japan
Directions
JRの場合、桜木町駅から徒歩10分 市営地下鉄の場合、桜木町駅から徒歩10分 京急線の場合、日ノ出町駅から徒歩10分 最寄りバス停 横浜駅東口バス乗り場 B階段  7番から103系統のバスに乗車 「戸部一丁目」下車 徒歩1分
Organizer
一般社団法人 国際平和映像祭
506 Followers