Event is FINISHED

「僕らの政治参加の方法」ワークショップ ~「社会を変えるには」を本気で考えてみた。~

Cloud.A 22nd Workshop
Description

最近、政治について考えなければならないように思わせるようなニュースを
見かけることが増えてきた。

特定秘密保護法の制定。
新宿で起きた焼身自殺未遂。
繰り返される官邸前デモ。
集団的自衛権の行使容認の閣議決定。
残業代ゼロ法の検討。

国家を代表するエリートたちの考える政策なのだから、何かしら理由があって
各政策を検討しているはずだ。
それを口汚い言葉で感情的に非難するデモ参加者の声には、余り共感しない。

でも一方で、自分も何か考えておかねばならないのではないか、という
一抹の不安はある。

先月は、そんな心情をツイッター等でひっそりと吐露する友人が多かった。
そこで、今回のような勉強会を開いてみようと思った。

■「社会を変える」にはどうしたら良いか、本気で考えてみた。

投票率が上がれば、社会は変わるのか?それとも、デモに参加すれば変わるのか?
そんな単純な話じゃないだろう、ということは誰にでも直感的に分かる。

僕らの政治参加に必要なのは、情緒的に理念を語る言葉などではない。
無思慮な行動でも、ニヒリスティックな逃避でもない。【戦略】が必要だ。

「どうやったら社会は変わるのか。」
「社会を変えることは、どのくらい難しいのか。」
「何をすることができれば、社会は変わるのか。」

2012年12月の衆議院選挙の結果を分析することで、具体的に僕らが
どんな【戦略】に基づいて「政治参加」する必要があるのか考えてみる。

それが今回の勉強会の目的だ。

■右翼とか左翼とか分からない。そんな人にこそ来てほしい。

最近、少し政治について知りたいと思えるようになってきた。
でも政治を語ることは難しいし、間違ったことを言うと叩かれるから怖い。

こういう空気が支配的なままでは、いつまでたっても政治の議論は広まらない。
【普通の人が普通に政治について議論できる社会】を実現する第一歩として、
そういう話ができる時間を用意したい。

分からない人を責めない。新しく知ろうとすることを歓迎する。
その姿勢を尊重できる人だけに参加してほしい。

僕も社会問題に対する考え方の基本的な違いや、主要な政党の思想など、
中学生でも参加できるような解説から始めます。

高校生から社会人まで、多様な立場からの視点や意見を歓迎します。


■詳細

日 時:8/16(土)13:00-17:00
場 所:浅草橋ワークショップスペース
テーマ:「僕らの政治参加の方法」ワークショップ

■プログラム

<第一部:インプット・パート>
〇選挙とデモの正当性と限界
〇日本の政党と思想
〇衆院選の分析

<第二部:アウトプット・パート>
〇「社会を変えるには?」プロジェクト立案
〇各班の発表
〇感想の共有

以上となります。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

Cloud.A 代表 高野
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-08-15 06:32:09
More updates
Sat Aug 16, 2014
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
浅草橋駅・JR/総武本線
Tickets
大学生(1年生を除く) ¥500
社会人 ¥1,000
高校生・大学1年生
Venue Address
日本, 東京都台東区浅草橋1丁目18-11 Japan
Organizer
Hiroki Takano
4 Followers
Attendees
6 / 40