Event is FINISHED

いま、もういちど、考えよう、半農半X、という生き方を。〜ソーシャル&ローカルデザインのために

deepdemocracy.center コミュニティー・オーガナイザー勉強会3
Description
deepdemocracy.center コミュニティー・オーガナイザー勉強会3

いま、もういちど、考えよう、半農半Xという、生き方を。
〜ソーシャル&ローカルデザインのために


9月23日(祝)14〜16時30分 中央区産業会館・第一集会室

参加費・1000円(ディープデモクラシー・センター会員は無料)




講師プロフィール

塩見 直紀(しおみ なおき)
・半農半X研究所 代表
・半農半Xパブリッシング 代表
・コンセプトフォーエックス 代表

1965年4月、京都府綾部市生まれ。現在、京都府綾部市在住。

大学卒業後、カタログ通販会社「フェリシモ」入社
(1989年4月~1999年1月までの約10年在籍)、
1999年1月末、33歳を機に綾部へUターン。
2000年4月、「半農半X研究所」を設立。

屋久島在住の作家・翻訳家・星川淳さんのライフスタイル
「半農半著」にインスパイアされ、30歳になる1995年ころから
21世紀の生き方、暮らし方として、
「半農半X」というコンセプトを提唱している。

市町村から個人までの「エックス=天職)」を応援する
「ミッションサポート」と「コンセプトメイク」がライフワーク。

「生命多様」&「使命多様性」あふれる世界をめざす。
新しい時代には新しい言葉が必要だと思う。

2007年より、「半農半Xデザインスクール」をスタート。
2008年より、「半農半Xカレッジ東京」をスタート。
2009年、半農半Xに特化した出版社「半農半Xパブリッシング」を
京都・綾部に設立。
2010年より、同志社大学院総合政策科学研究科の
「オーガニック生活・社会デザイン論」嘱託講師(秋学期)。
同年、観光文化学部がある神戸夙川学院大学のグリーンツーリズム研究所客員研究員。
2012年4月より、総務省「地域人材ネット」(データベース)に登録される。「総務省地域力創造アドバイザー」就任(現在も継続)。
2012年5月、半農半Xパブリッシングから『半農半Xという生き方 実践編』新装刊。
2012~2014年5月~9月、鳥取大学地域学部非常勤講師(「地域学入門」「地域学総説」)
2013年1~12月、「塩見直紀的コンセプトスクール」を京都市内で開催(現在は通信教育版をおこなう)。
2013年夏、中国大陸で中国語版『半農半Xという生き方』出版される。
2014年3月、中国(上海)で初講演。



主催・ディープデモクラシー・センター

共催・綾部里山交流大学

協力・T&T研究所



Event Timeline
Tue Sep 23, 2014
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(一般) ¥1,000
参加費(会員)
Venue Address
東京都中央区東日本橋2-22-4 Japan
Organizer
deepdemocracy.center
86 Followers