Event is FINISHED

【8/15 19:30- 】真夏の「怪談」納涼朗読会

【夏の夜の怪談2】『幽怪談文学賞』長編部門・特別賞受賞作家長島槇子さんによる本格怪談読み語り
Description

第一夜の東編集長につづき、第二夜は怪談文学賞作家さんによる本格「怪談」朗読会。東さんが大絶賛する作家・長島さんのご登場です(テレホンショッキングみたいですね!)。長島さんは演劇の世界に十余年ご活躍されたのち、脚本家に転身、近年怪談文学で文学賞を受賞した大注目の作家さんです。

そんな長島さんが終戦記念日にちなんで、「戦争にまつわる実話怪談」、怪談の王道である「牡丹灯籠」、ご自身の新作「花柳怪談」の三本立てで朗読を披露します。カフェを舞台に、長島さんの朗読や一人芝居が見られる、またとないこの機会をお見逃しなく!

1、プロローグ お盆、震災と終戦、鎮魂の夏
2、戦争実話怪談
3、怪談牡丹灯籠
4、花柳怪談

日時 : 2014/8/15 (金) 19:30-22:00 (開場:19:00)
※懇親会・軽食ドリンク付き

<こんな人にオススメ>
・お盆らしく、あの世とこの世の世界の対話にご興味のあるかた
・オトナになったからこそニッポンの魅力を感じ始めているかた
・真夏の夜に、怪談話で涼みたいかた

<ここがポイント>
・ホラーではなく、人間の業と悲哀とに焦点をあてた怪談の世界を知ることができます
・怪談をライブで聴く滅多にないチャンス!
・終戦記念日の今夜、戦争を考える手がかりに


<ゲストプロフィール>
長島槇子さん (「幽」怪談文学賞受賞作家

東京生まれ。1970年から80年代、「劇団インカ帝国」にて演劇活動。1997年、NHK名古屋の脚本コンクールに入選、脚本家デビュー。ラジオドラマ「原型」「水入らず」などオンエア。
 2003年「旅芝居怪談双六」で『第三回ムー伝奇ノベル大賞』に入選、作家デビュー。2008年「遊郭のはなし」で『幽怪談文学賞』長編部門・特別賞を受賞する。
 著作。各受賞作の他、「七夕の客 新吉原くるわばなし」、「吉原純情ありんす国」、「色町のはなし 両国妖恋草紙」、「パリの舌人形」。電子書籍に「うろこ姫 性夢の誘惑」など多数。共著に「怪談実話系 妖」、「女たちの怪談百物語」、「江戸迷宮」(異形コレクション)、「猫路地」など多数。
 2013年、怪談社主宰「東京艶怪談」にて、怪談の語り手としてもデビューした。

Event Timeline
Fri Aug 15, 2014
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
02cafe
Tickets
一般価格 ¥5,000
Venue Address
東京都新宿区西早稲田1-4-18 Japan
Organizer
日本ビアジャーナリスト協会
365 Followers