Event is FINISHED

電子教科書のドリルをどうする!?

Description
-------------------------------------------------------
IMS Content PackagingとQTIの利用
Seminar on “IMS Content Packaging & Use of QTI”
-------------------------------------------------------
デジタル教科書の国際標準EDUPUBでは、対話的テスト、自動採点、集計、分析などの標準が制定されようとしています。このセミナーでは「ドリル」、「演習問題」、「テスト」をどのように実現させるのか? という日本のデジタル教科書が直面する問題についての技術解説を行います。
IEEEとIMSで教育工学の標準化に携わっている英国(CETIS)のAssistant DirectorであるWilbert Kraan氏に、IMSの技術がどのようにEDUPUBに利用されているかを概観していただき、さらにIMS Content PackagingとQTIの利用について述べていただきます。
米国では広く知られているIMSの技術も、日本ではあまり知られていません。日本で詳細なチュートリアルを開くのは有益だと思いますので、皆様ご参加下さい。
村田 さんが易しく解説してくれますので、判りやすいと思います。
(English announcement is shown down below.)

講師:Wilbert Kraan 氏
解説&通訳:村田 真 氏(JEPA技術主任)

日時:2014年7月28日(月) 15:00-17:30
場所:神保町:日本教育会館 9階 飛鳥の間
主催:日本電子出版協会プラットフォーム委員会
共催:大学ICT推進協議会(AXIES)学術・教育コンテンツ共有流通部会、JMOOC学習ログ・ポートフォリオ部会
料金:2000円
無料ご招待:
 JEPA会員、JEPA特別会員、JAPET会員、大学ICT推進協議会会員、JMOOC会員、教職員、教科書協会会員、eラーニングコンソーシアム(eLC)、CoNETS加盟社、DiTT会員、日本教育工学会会員

【申し込み方法】
無料の方も、有料の方も、(複数のチケット種別だと、間違いが起こりやすいので)
申し込み=0円チケットの購入の形になります。
非会員の方は、当日2000円を会場受付でお支払いください。宛先無記名の領収書を発行します。

右の、チケットを申し込む のボタンを押しても、個人のFacebookアカウントでログインしても、どちらでも結構です。
次の画面でチケット枚数を1とし、その後、ログインへ進む のボタンを押し、お名前、メールアドレス、会社名を書き込んで下さい。
申し込み受付のメールが届き、チケットはスマホの中に・・・の画面が出ますが無視して、いつものように、会場入り口で名前を伝えていただければOKです。

※JEPA会員社は下記URLに記載されている企業・団体のみです。
 それ以外は「非会員」とさせていただきます。
 グループ企業で登録しているJEPA会員は、会員登録企業名で申し込んでください。

講師紹介

Wilbert Kraan
Assistant Director
Centre For Educational Technology Interoperability Standards (CETIS)
(教育工学との相互運用性標準のためのセンター)

IEEE Learning Technology Standards Committee及びIMS Global Learning Consortiumにおける標準化に携わっている。
とくにIMSでは、QTI(e-ラーニングにおける設問・解答などをマークアップするための標準)の制定に携わっている。

■参考URL
・[EDUPUB3報告会](http://info.jepa.or.jp/sem/012)
・[EDUPUB Europe 2014](http://idpf.org/edupub-europe-2014/)
・[IDPF](http://idpf.org/)
・[IMS Global Learning](http://www.imsglobal.org/)

Seminar on “IMS Content Packaging & Use of QTI”

Background:

It is in the planning that EDUPUB is made an expanded standard with additional educational management functions, including interactive testing, automatic scoring system, tallying and analyzing.

IMS technologies are not yet familiar in Japan although it is widely known in the U.S. As a result, we think it is good timing that we hold this seminar by inviting Mr. Wilbert Kraan, Assistant Director of Centre For Educational Technology Interoperability Standards (CETIS).

We ask him to speak how IMS technologies are being utilized for EDUPUB while his main topic is IMS content packaging and utilization of QTI.

Mr. Makoto Murata, JEPA’s CTO, will kindly play the role of interpreter for the Japanese audience.

Seminar details are as follows:

Time & date: July 28 (Monday) from 15:00 – 17:30

Registration starts from 14:30.

Venue: “Heian” room at 9th floor of the Japan Education Center. (Address: 2-6-2 Hitotsubashi, Chiyoda, Tokyo 101-0003 Japan)

Host: Japan Electronic Publishing Association (JEPA)

Co-host: AXIES, JMOOC

Admission fee:

Free: members of JEPA, AXIES, JMOOC, e-LC, CoNETS, DiTT, JAPET, JSET, teachers/instructors in educational field, those in textbook publishing field,

2,000 JPY for others

How to apply:

Please go to a ticket button on the right side column and apply for a ticket. You have to apply the ticket even if you are invited free of charge in order to have your name listed as an attendee. You will receive an automatic confirmation email when your application is properly made and sent to peatix.

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-07-18 01:53:09
More updates
Mon Jul 28, 2014
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本教育会館 9階 平安の間 “Heian” room at 9th floor of the Japan Education Center
Tickets
JEPA会員社、招待者無料/非会員社2000円
Free for members & invited/2,000JPY for others

On sale until Jul 28, 2014, 12:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2
Address: 2-6-2 Hitotsubashi, Chiyoda, Tokyo 101-0003 Japan Japan
Organizer
日本電子出版協会
23 Followers
Attendees
163 / 180