Event is FINISHED

連続講義「怪奇映画天国アジア」第5回「タイ人が本当に怖いと思うのは、どのような映画か」

Description
映画研究者の四方田犬彦氏が、レアものの抜粋上映を交えつつ、バンコクとジャカルタに長期滞在した成果を披露していく連続講義です。第5回は、現代タイ映画のニューウェーヴの旗手、ウィシット・サーサナティヤン監督の国内未公開作「見えざる者」を上映します。

東南アジアには怪奇映画が絶大な人気を博している国が存在する。とりわけタイ、インドネシアでは、それは映画産業の根幹を占めている。複雑な宗教的背景と豊かな民間伝承をもち、ハリウッドとJホラーの影響を受けて発展したこのジャンルからは、復讐の女幽霊、よみがえる死体、怨恨の双生児が、次々と現われてくる。太陽は熱く、料理は舌を焼くほどに辛く、そして映画は世界のどこにもまして恐ろしい。これがインドシナ半島の3原則だ。
四方田犬彦(映画研究者)

【タイムテーブル】
16:30-参考上映
『見えざる者』(The Unseeable/2006/94分)※デジタル上映、日本語字幕付き
監督:ウィシット・サーサナティヤン
タイ人と日本人とは、映画の怖がり方が違うらしい。日本人が怖ろしくて目を伏せる映画を、タイ人は笑いながら見ている。ではタイ人が本当に怖いと思うのは、どのような映画だろうか。それがこの『見えざる者』だ。ヒチコックの『レベッカ』が、もし南国で怪奇映画としてリメイクされたとしたら?監督のウィシットは、90年代末に『怪盗ブラックタイガー』で鈴木清順ばりの原色無国籍アクションでデビュー。現代タイのニューウェーヴを代表する一人である。(四方田犬彦)

18:10-講義
「タイ人が本当に怖いと思うのは、どのような映画か」
講師:四方田犬彦(映画研究者)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
四方田犬彦著/怪奇映画天国アジア
怖くなければ映画じゃない!? インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、カンボジアなどの怪奇映画史、恐怖と身体の政治性、アニミズム的精霊信仰との関係を解く。渾身の書下ろし!
本体価格2900円+税 白水社
-----------------------------------------------------------------------

主催:アテネ・フランセ文化センター、アップリンク
協力:白水社
Event Timeline
Sat Oct 18, 2014
4:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
アップリンク・ファクトリー
Tickets
一般 ¥1,600
アテネ・フランセ文化センターもしくはアップリンク会員 ¥1,400

On sale until Oct 17, 2014, 11:30:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F Japan
Organizer
UPLINK
5,580 Followers