Event is FINISHED

M.M.S.T Sound Performance 2012

Description
[memory and schein] 記憶と仮象性 

<ムジークフェストなら 2012参加作品>
 

本作は「音」と「光」に焦点をあてた実験音響作品です。2人のサクソフォン奏者との共同作業を重ね、独自の音響プログラミングシステムを 作成しています。ライブは2部構成になり、第1部は音楽史の伝統を「記憶」という視点から掘り下げた楽曲を2本のサクソフォンにて演奏、第2部はリアルタ イム映像生成システムにより作られた「光の譜面」を扱ったパフォーマンスになります。

出演:東京CounterPoint(加藤里志/田中拓也)
映像プログラミング/空間デザイン:百瀬友秀

企画制作:M.M.S.T

■第1部 /起源を求めて
有史以来、世界中のあらゆる音楽家が生み出した名曲を、2本のサクソフォンにより演奏します。
音楽史の中に眠る「記憶」を音色により甦らせる試みです。

1: J.S.バッハ J.S.Bach
ゴルトベルク変奏曲BWV988 /Goldberg-Variationen BWV988
アリア・第7変奏・第11変奏・第14変奏 /Aria ・ Var.7 ・ Var.11 ・ Var.14
第20変奏・第30変奏 /Var.20 ・ Var.30

2:A.ピアソラ A.Piazzolla
タンゴ・エチュード No.3 /Tango-Etudes No.3
タンティ・アンニ・プリマ(アヴェ・マリア) /Tanti-anni-prima (Ave Maria)
タンゴ・エチュード No.6 /Tango-Etudes No.6

3:P・ヒンデミット P.Hindemith
コンツェルトシュトゥック /Konzertstu¨cke


■第2部 /光の譜面より

「光」と「音」の関係を独自のアルゴリズムで映像化するプログラムを使い、リアルタイムに生成された
映像を「光の譜面」として演奏していきます。音色の幅が広く、生み出す音に無限の可能性を秘めている
楽器:サクソフォンで演奏することにより、新しい空間感覚の発見を目指します。
出演:東京CounterPoint(加藤里志/田中拓也)
映像プログラミング/空間デザイン:百瀬友秀

日時:2012年6月23日(土)19:00開演 
場所:なら100年会館 中ホール
チケット:前売り2,000円 当日2,500円(全席自由)

Event Timeline
Sat Jun 23, 2012
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売り ¥2,000
Venue Address
奈良県奈良市三条宮前町7−1 Japan
Organizer
M.M.S.T
1 Follower