Event is FINISHED

高久裕×岡田真理 「出版業界の中で、将来も残る紙雑誌とは  〜月刊誌『MAMOR』(扶桑社)のつくり方〜」

Description
防衛省が編集協力をする月刊誌「マモル」がテレビや雑誌などで話題になっている。扶桑社が、2006年に防衛庁に企画を持ち込み、競争入札を経て2007年に創刊したのだが、民間出版社が国の省庁の広報誌を、一般書店で発売するという、前例のないケースとして注目を集めた。創刊時は2万5000部だった部数が、今年の5月号では3万3000部にまで伸び、出版不況、とりわけ雑誌不況と言われる業界では、ヒット作といえよう。戦後、自衛隊は、“日陰の身”だった時代が長く、あれだけの巨大組織なのに、その実態は、ほとんど知られていなかったが、阪神淡路大震災、東日本大震災で、脚光を浴び、タブー視されることがなくなってきた、という背景がある。そこにうまくキャッチアップできたということだろうか。ただ、それだけでは、雑誌の部数を伸ばすことは容易ではない。素早く無料で情報を得られるネットがメディアとなった世の中で、生き残る紙雑誌は、このように、読者が、その世界観に浸れる「ファンクラブの会報」的な雑誌ではないだろうか。そんな要素を内包した、マモル8月号「がんばれ自衛隊フレッシャーズ」を題材にして入隊した自衛官が体験する集団生活、しつけ、訓練などを紹介するマモル8月号。簡単な内容の紹介とともに、岡田真理が、入隊訓練したころの爆笑エピソードを交えて『MAMOR』のつくり方、在り方を知る2時間に是非ご参加ください。
【出演】

高久裕(編集長)
岡田真理(ライター)

【日時】

2014年6月22日(日)19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】

本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】

1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Sun Jun 22, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,566 Followers