Event is FINISHED

藤野可織×加藤千恵
「小説について語るときに私たちの語ること」
『村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ』刊行記念

Description

これは実験です――
新進気鋭作家、「藤野可織」と「加藤千恵」による対談という実験です――

書店に並ぶ文芸誌を眺めてみれば、その表紙に名前を見ないことはない二人。
いま最も勢いがあり、多くのファンに支持され、新しい言葉に挑み続ける二人。
対談の起点となるのは『村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ』(NHK出版)という本。

二人を含む十二人の新鋭作家が、村上春樹というキーワードをもとに、「いま」という不
確かな要素を、繊細な言葉で描き出した創作短篇集です。どの作品も鋭く尖ったメッセージを持ち、読み手の心に深く刺さります。

そのなかで今回登壇する二人は、(偶然にも)共にホラー、スプラッター的要素を持つ“不
気味”な世界にテーマを託しました。

◇次から次へと襲い掛かってくる連続殺人鬼と一生闘い続ける女性の話 ― 藤野可織/
ファイナルガール
◇過去に刺されたという怪奇譚を見知らぬ老婆から聴かされる女性の話 ― 加藤千恵/老婆と公園で


人はなぜ小説を書くのか。
そして、人はなぜ小説を読むのか――
二人の対話から、その答えが、あるいは答えのしっぽくらいは見えるかもしれません。

・・・おっと、大切なことを言い忘れるところでした。
B&B(BOOK&BEER)です。もちろん、登壇する二人の手にはビールが握られていることでしょう。

―小説について語るときに 酔っぱらった 藤野さんと加藤さんが語ること―
どうぞご期待ください。

【出演】
藤野可織(ふじの・かおり)
1980年、京都府生まれ。小説家。2006年に「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞、2013年に「爪と目」で第149回芥川龍之介賞を受賞。著書に『いやしい鳥』(文藝春秋)、『パトロネ』(集英社)、『ぼくは』(フレーベル館)、『爪と目』(新潮社)、『おはなしして子ちゃん』(講談社)などがある。


加藤千恵(かとう・ちえ)
1983年、北海道生まれ。歌人・小説家。著書に短歌集『ハッピー☆アイスクリーム』(集英社文庫)、小説『あとは泣くだけ』(集英社)、『卒業するわたしたち』(小学館)、『その桃は、桃の味しかしない』(幻冬舎文庫)などがある。


【書籍情報】


『村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ』
著者
青山七恵、藤野可織、村田沙耶香、淺川継太、谷崎由依、中山智幸、羽田圭介、戌井昭人、加藤千恵、荻世いをら、松田青子、片瀬チヲル

ISBN 978-4-14-005651-6 (C0093)
定価 本体1,600円+税 NHK出版
※仕様 280ページ、四六判、上製、帯・カバー有


【日時】
2014年7月31日(木) 20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order


撮影/高橋依里




Event Timeline
Thu Jul 31, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,544 Followers