Event is FINISHED

公開句会「東京マッハ」vol.11「あなたとはフォントがちがう夏休み」

  
Description
俳句を持ち寄り、人気投票を経て、作者を伏せた状態で批評する。
句会とは、即興性の高い「話ゲー」である。公開句会「東京マッハ」は2011年夏、男4人で渋谷にて顔見世。以後、池田澄子・川上弘美・藤野可織・佐藤文香・柴崎友香・名久井直子・西加奈子をゲストに阿佐ヶ谷・京都百万遍・五反田・札幌琴似・渋谷・新宿で興行し、柴崎友香を迎えて谷中で開いた「ジョジョ句会」は荒木飛呂彦監修のSPURムック『JOJOmenon』に収録された。ぜひあなたも、人気投票に参加してください。


【登壇者プロフィール】
松田青子(まつだ あおこ)
小説家、翻訳家。1979年兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。著書に 『スタッキング可能』『英子の森』(河出書房新社)、童話『なんでそんなこと するの?』(ひろせべに=画、福音館書店)、訳書に『はじまりのはじまりのは じまりのおわり』(アヴィ=著/トリシャ・トゥサ=画 福音館書店)がある。 近刊に、カレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』(翻訳、河出書房新 社)など。


堀本裕樹(ほりもと ゆうき)
俳人。「いるか句会」「たんぽぽ句会」主宰。第26回角川春樹賞、第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞受賞。『すばる』にて又吉直樹(ピース)と「ササる俳句 笑う俳句」、『波』にて穂村弘と「俳句と短歌の待ち合わせ」、『さくら舎』ホームページにて「ねこのほそみち」を連載中。著書に『十七音の海 俳句という詩にめぐり逢う』(カンゼン)、句集『熊野曼陀羅』(文學の森)。近刊に『いるか句会へようこそ! 恋の句を捧げる杏の物語』(駿河台出版社)
公式サイト http://horimotoyuki.com/
自選一句:「火焔土器よりつぎつぎと揚羽かな」


長嶋有(ながしま ゆう)
小説家、俳人。「サイドカーに犬」で文學界新人賞、「猛スピードで母は」で芥 川賞(両作収載の『猛スピードで母は』は文春文庫)、『夕子ちゃんの近道』 (講談社文庫)で大江健三郎賞受賞。近作に『問いのない答え』(文藝春秋)、『フキンシンちゃん』(エデンコミックス)。14年に初の句集『春のお辞儀』(ふらんす堂)を刊行。
公式サイト http://www.n-yu.com/
自選一句: 「目薬をさす若者やイースター」


米光一成(よねみつ かずなり)
ゲーム作家、立命館大学映像学部教授。『ぷよぷよ』『BAROQUE』などのゲーム企画・脚本・監督を手がける。新作ゲームは『想像と言葉』。著書に『男の鳥肌名言集』(角川書店)『自分だけにしか思いつかないアイデアを見つける方法』(日本経済新聞社)、共著『日本文学ふいんき語り』(双葉社)など。宣伝会議「編集ライター講座上級クラス」の専任講師を務める。
公式ブログ http://blog.lv99.com/
自選一句:「白線の内側にいて春を蹴る」


千野帽子(ちの ぼうし)
日曜文筆家。女性誌・文芸誌・新聞などにエッセイ、書評を寄稿。著書に『読まず嫌い。』(角川書店)『文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。』『世界小娘文學全集 文藝ガーリッシュ舶来篇』(河出書房新社)『文學少女の友』(青土社)『俳句いきなり入門』(NHK出版新書)、編著『富士山』『夏休み』(角川文庫)。
公式ブログ http://d.hatena.ne.jp/chinobox/ (更新休止中)
自選一句: 「帰したくなくて夜店の燃えさうな」



【注意事項】

チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。

・チケット料金は税込価格です。

・開場は開演1時間前の11時30分となります

・イベントの録音はご遠慮下さい。

【問い合わせ先】

tokyomach10@gmail.com

Event Timeline
Sun Jul 27, 2014
12:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売り券(全席自由) ¥2,500

On sale until Jul 27, 2014, 9:30:00 AM

Venue Address
東京都世田谷区成城6-2-1 Japan
Directions
小田急線「成城学園前駅」徒歩4分
Organizer
東京マッハ事務局
373 Followers