Event is FINISHED

西島大介×原正人 「漫画原作者としてのホドロフスキー メビウスの描いた『DUNE』をめぐって~ 勝たずんば死あるのみ、我らメタ・バロンの一族」映画『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』公開記念

Description
“世界を変えた未完のSF大作”と言われるホドロフスキー版『DUNE』の顛末をめぐるドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』が6月14日(土)より公開となる。
アレハンドロ・ホドロフスキー監督が1975年に企画した『DUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、先頃亡くなった『エイリアン』のH.R.ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。ホドロフスキー版『DUNE』は完成しなかったが、ホドロフスキーは『DUNE』の製作時のパートナー、メビウスとともにコミックを描きはじめる。
これをきっかけに、ホドロフスキーはコミック原作者として精力的に作品を発表し、フランスでは彼の原作作品が30シリーズ以上も出版されている。
漫画家として活躍するかたわら、DJまほうつかい、映画の脚本(『世界の終わりのいずこねこ』)、「ひらめき☆マンガ学校」講師、アーティストとしての個展開催、映画館のボランティアスタッフ、アイドルプロデュース、グッズ制作・・・と多岐にわたって活動している西島大介さんと、ホドロフスキー漫画の日本語訳を手がける原正人さんによって、映画監督だけではなく、タロット研究者、サイコマジシャン、詩人、画家など多才すぎるホドロフスキー監督の1つの顔である”漫画原作者ホドロフスキー”の魅力を熱く語っていただき、“ホドロフスキーとは何者なのか”を読み解いていくトーク・イベント。

映画『ホドロフスキーのDUNE』http://www.uplink.co.jp/dune/

【出演】

西島大介(漫画家)
原正人 (翻訳家)

【日時】

2014年6月10日(火)20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】

本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】

1500yen + 1 drink order



Event Timeline
Updates
  • タイトル は 西島大介×原正人 「漫画原作者としてのホドロフスキー メビウスの描いた『DUNE』をめぐって~ 勝たずんば死あるのみ、我らメタ・バロンの一族」映画『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』公開記念 に変更されました。 Diff 2014-05-28 04:51:35
More updates
Tue Jun 10, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,533 Followers