Event is FINISHED

満月BAR 江戸時代に流行した平安ミュージックと江戸っ子グルメを楽しむ会

すみだ川アートプロジェクト 2014
Description
・月に一度だけ東京のどこかにオープンする居酒屋:満月BAR
・ハイパー教養クリエイティブ集団:オシャクソ
・“スーツを着た現代武士”OL・サラリーマンが奏でる雅楽:給湯流茶道 雅楽部
エッジの効いた3団体がフュージョン!浅草のアサヒビール スーパードライホールがカオスになる夜がやってくる。

オープニングは、“おいしい書道”の書家 日置恵さんの「デッカい書」でスタート

満月BARの女将 Emina Matsuki がデザインした江戸時代の料理を味わいながら、現代武士ことサラリーマンの奏ずる雅楽を鑑賞。新進気鋭の歴史考古学者 小出一冨教授によるレクチャー
そして会場には“給湯流茶道 茶会”コーナー“サラリーマン酒屋”による日本酒BARも出現!

80年代のバブル期に建てられたホールに平安ミュージックの雅楽が流れる空間。
江戸の料理をつまみにアサヒ スーパードライで乾杯するという諸行無常を楽しみましょう!
=================================
開催日:7月13日(日) 18時開場
会場:スーパードライホール(浅草)
入場料:3000円でお料理食べ放題(こちらのサイトでお手続きください。)
※入場料のお支払いで、お食事はお好きな物をお好きなだけお召し上がり頂けます。
※お飲み物は当日会場で販売しております(別料金)。
=================================
〜 プログラム(仮)〜
18:00 開場
18:30 オープニング アクト「デッカい書」(日置恵)
19:00 講演「江戸時代の趣味流行〜古事記リバイバル大名雅楽」 プレ国学というより国学まっただ中です。そこら辺の国学時代を語りたいと思っております。そうだなぁ、時間があったら伊藤博文と雅楽の話までいきたいなぁ…」(小出一冨)
19:45 給湯流サラリーマン雅楽(給湯流茶道雅楽部)
21:00 閉店

〜 出演者 〜
【日置恵(オシャクソ)】書家。デザイナー。

2005年より個展を開始し2009年にはニューヨークでも開催。

現在は「おいしい書道」として、新しい書道を指導している。

“バナナの王様 甘熟王”を代表に、多数の食品パッケージを手がける。

【小出一冨(オシャクソ)】宗教考古学者。法制史家。

「現代を生きる羅針盤」として、歴史をテーマにした講演活動や体験型イベントを行っている。好きな言葉は『燃えよドラゴン』のブルース・リーのセリフ、「Don't think, FEEL」。

給湯流茶道

2010年、家元(仮)の谷田半休を中心に都内で働くサラリーマン、OLで結成。「給湯室で茶会をしよう」と提案する新しい流派。日々上司からのプレッシャーや、リストラの危険にさらされる会社員を「現代の武士」とし、その無常感をシュールに表現した茶会が話題に。

【松木絵美奈(満月BAR 女将)】フードデザイナー
株式会社CONVEY 代表。「食で世界をHappyに」をテーマに「素材と出会い」「楽しい時間・おいしい料理を創る喜び」を料理に乗せる活動を展開。パーティーやショーのケータリング、ホームパーティーのプロデュースで食を愉しむ非日常の食空間を作り出し、その「おもてなし」センスを活かしイベントやレッスンなども国内外で開催中。また新しい商品やレシピの提案など「食」に関する愉しみを伝える。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-06-18 14:12:08
More updates
Sun Jul 13, 2014
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場料(江戸っ子料理食べ放題) ¥3,000
Venue Address
東京都墨田区吾妻橋1−23−1 スーパードライホール4階 Japan
Directions
東京メトロ銀座線「浅草駅」4、5番出口より 徒歩5分/都営地下鉄浅草線「浅草駅」A3出口より徒歩5分「本所吾妻橋駅」A3出口より徒歩7分/ 東武線「浅草駅」正面口より徒歩6分
Organizer
満月BAR
67 Followers