Event is FINISHED

麹町アカデミア 「能~入門講座」能楽師 観世流 武田宗典 全2回(6/11・7/4)+7/12(土)12時半開演「七拾七年会 狂言『神鳴』 能『鉄輪』」  参加費¥15,000(チケット代込)

Description

能楽師 観世流 シテ方 武田宗典さんが登壇!


能・狂言・歌舞伎・文楽といった伝統芸能の中でも 難しそう、観てわかるかなあと敷居の高いのが「能」だと思います。
今回、気鋭の若手能楽師 武田宗典さんに ご登壇いただきます。
武田さんは国内外で年間100公演ほどの舞台を務められる傍ら、能の解説と実演を見せる能楽講座「謡サロン」を全国で開き、アマチュア向けの稽古教室で指導もされるなど、能の普及活動に取り組んでおられます。
能を見たことがない私(事務局山仲)も謡サロンに一度参加して、そうか能ってこういう構造で演じられてるんだということを初めて知り、また身体全体に響く能の謡に魅了され、もっと多くの方に能の魅力を知ってもらう場を開催したい、と武田さんに麹町アカデミアでの講座開催を是非にとお願い致しました。

今回の講座は、初回は能の解説と世阿弥の「風姿花伝」の解説という麹町アカデミアらしいプログラムから始まり、実際の演目の解説と謡の実演と体験ワークショップ、締めくくりは渋谷セルリアンタワー能楽堂で武田さんがシテ(主役)を務められる能をみんなで観る!という贅沢な内容になっております。

講座の後は、懇親会で武田さんにいろんなお話を伺う場をご用意しております。
能に詳しい方も、全く初めてでわからない方も是非ご参加ください。

◆第1回 6月11日(水)「能の基礎解説と風姿花伝の解説」 (終了後 懇親会)

初回は全くの初心者の方にもご理解いただけるよう「能」の基礎について解説していただきます。

さらに、室町時代、父 観阿弥とともに能の基本を作った世阿弥が記した「風姿花伝」についてお話いただきます。
風姿花伝は能の演技論・技術論の伝書ですが、人生論としても示唆に富んでいます。
「珍しきが花」「初心忘るべからず」「秘すれば花」「離見の見」「物まね」などの言葉に込めた世阿弥の思い、信念、戦略などを 能を実際に演じていらっしゃる武田さんの実感を通して解説していただきます。

◆第2回 7月4日(金) 「七拾七年会 公演演目の解説と謡体験ワークショップ」(終了後 懇親会)

能の台詞・歌にあたるのが「謡」
七拾七年会の公演で武田さんがシテ(主役)を務められる演目『鉄輪(かなわ)』について、武田さんの「謡」を実際にお聞きし、当時の時代背景を踏まえた詳細な解説や、動きや舞などの実演を交えたレクチャーで物語を解説していただきます。
能面能装束や能の小道具等をご覧頂くことも予定しております。

最後には受講生の皆さんで一緒に声を出して、実際に“謡”を謡うワークショップを行います。
謡を謡うなんて無理・・・と思いがちですが、実際に謡うことで面白さが体感できます。

※第1回、第2回とも、講義終了後に懇親会を開催します。
 (任意参加、当日会費¥1,000をお支払ください。)

◆7月12日(土)12:30開演 終了予定15時 「七拾七年会 昼の部 狂言『神鳴』 能『鉄輪』 」
  於:渋谷セルリアンタワー能楽堂  ワークショップ・解説有

武田さんと同じ1977年生まれの能楽師6名で、「初心者の方でもわかりやすく楽しめる」ことをモットーにした『七拾七年会』という公演を主宰されています。
能入門講座のしめくくりとして、第2回の講座で解説いただく演目『鉄輪』を武田宗典さんが能装束をつけて実際の能舞台でシテ(主役)を演じられるのを受講生皆で拝見します。

少人数で能について楽しく学び、演目について知識を深め、謡を体験し、しめくくりに実際に能を観劇、という とても貴重なプログラムです。ご興味のある方は、お早目にお申込ください。

【プログラム詳細】

演題 : 能入門講座
講師 : 能楽師 観世流 シテ方 武田宗典
日時:

◆第1回 6月11日(水)
19:00−21:00(開場18:45)
「能の基礎解説と風姿花伝の解説」(終了後 懇親会)

◆第2回 7月4日(金)
19:00−21:00(開場18:45)
「七拾七年会 公演演目の解説と謡体験ワークショップ」(終了後 懇親会)

 第2回講座の際、7/12のチケットをお渡しします。

◆7月12日(土)12:30から 七拾七年会 昼の部 狂言「神鳴」 能「鉄輪」
渋谷セルリアンタワー能楽堂 ワークショップ・解説有

会場:麹町アカデミア  
7/12のみ 
セルリアンタワー能楽堂  http://www.ceruleantower.com/nohtheater.html
会費:15,000円(能チケット代含む)
定員:15名

【講師紹介】能楽師 観世流 シテ方 武田宗典

1978年生まれ 東京都在住
能楽師観世流シテ方準職分 公益社団法人能楽協会会員
観世流シテ方職分武田宗和の長男 父及び観世流二十六世宗家観世清河寿に師事
暁星高校・早稲田大学第一文学部演劇専修卒

武田宗典さんの公式Webサイト http://takedamunenori.com/

プロモーション動画 https://www.youtube.com/watch?v=RU-svIQGYIo

◆主な舞台歴
1980年「鞍馬天狗」花見にて初舞台(2歳11ヶ月)
1988年「菊慈童」にて初シテ(初主役)
2002年「翁」にて千歳を披く
2007年「石橋」を披く
2010年 「猩々乱」を披く
2012年 初の単独自主公演にて「道成寺」を勤める。
年間100公演ほどの舞台をつとめ、うち5番ほどのシテ(主役)をつとめる。

◆海外公演
日中国交正常化30周年記念及び日中国交正常化35周年記念事業(外務省)にて北京公演に参加。
同じく外務省からの要請により、モスクワのボリショイ劇場・サンクトペテルブルグのマリンスキー劇場における公演に参加。
2009年 ミラノ市・トリノ市の招聘により三響会海外公演に参加、シテ(主役)を勤める。
2011年1月 法政大学の依頼によりサンフランシスコにて能の講演。
2013年6月 シアトル・バンクーバーにて自主企画の能楽ワークショップ公演を開催。劇場公演・子供向け公演含め、計11公演を行う。

【麹町アカデミアとは? 】
・成熟した知的好奇心のある現役の社会人を対象に、学生時代に本来しっかりと学んでおきたかった、幅広い社会科学と人文科学などリベラルアーツの基本的な思考の枠組みや現実への適用を、もう一度まっさらな気持ちで学び直す機会を、少人数ゼミナールの形式で提供します。
・上記リベラルアーツ以外に、社会人のファンダメンタル能力(英語、論理思考)を養成する講座も、オープンスクール、企業内研修にて、提供していきます。

【運営会社について】

麹町アカデミア株式会社
http://k-academia.co.jp/
https://www.facebook.com/kojimachiacademia
代表取締役 秋山進(プリンシプルコンサルティンググループ株式会社 代表取締役)
所在地    東京都千代田区四番町7-7 ベルメゾン402
Tel: 03-5357-1181 Fax: 03-5357-1183 Mail: info@k-academia.co.jp

「道成寺」 蛇体 シテ(主役)

七拾七年会 講演チラシより

Event Timeline
Wed Jun 11, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
麹町アカデミア
Tickets
全2回受講+能チケット代 ¥15,000
請求書払い
Venue Address
東京都千代田区四番町7-7 Belle Maison 402 Japan
Directions
東京メトロ麹町駅徒歩3分、JR市ヶ谷駅徒歩6分、東京メトロ半蔵門駅徒歩12分
Organizer
麹町アカデミア(遊学堂)
1,329 Followers
Attendees
1 / 15