Event is FINISHED

朴順梨×深沢潮×三浦ゆえ 「SAY!性!生! ~やめられないとまらない、女の性(さが)と生~」 『伴侶の偏差値』(新潮社) 『セックスペディア』(文藝春秋) ついでに『奥さまは愛国』(河出書房新社)刊行記念

Description
皆さん、心もカラダも満たされてますか?
生きることと愛すること、そして性は切っても切れないものなのに、未だに「女性には性欲がない」とすら思っている人の多いこと、多いこと。10年以上経つのだから、このへんで女性の性と生から見た「本性」について、一緒に考えてみませんか?
3月20日に恋愛小説『伴侶の偏差値』(新潮社)を出版した小説家の深沢潮さんと、
3月12日に平成女子性欲図鑑の『セックスペディア』(文藝春秋)を出版した三浦ゆえさんが、現代女性のセックス観や小説の中における性愛表現について、性の「普通」と「特殊」の境界線について、はてまたバブル時代の男性達のバイブル、2004年に休刊したあのホットドッグプレスの『HOW TO SEX』特集などをテーマに、セキララに語ります。
そして司会は「2人のリアル友人」という縁から、フリーライターの朴順梨さんがつとめます。当日は皆様からのお悩みにも答える予定ですので、お気軽にご参加を。来日中のポール・マッカートニーと没後5年を迎える、マイケル・ジャクソンに勝手に捧げる熱い夜をご一緒に!

深沢潮
小説家。2012年、新潮社の「女による女のためのR-18文学賞」大賞受賞。翌年受賞作『金江のおばさん』を含む連作短編集『ハンサラン 愛する人びと』を刊行。近著は『伴侶の偏差値』(新潮社)。

三浦ゆえ 
富山県出身。複数の出版社に勤務した後、2009年からフリーライター&エディターに。書籍、単行本、媒体で活動する。編集協力作品に宋美玄著『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズなど。

朴順梨(パク・スニ)
群馬県生まれ。大学卒業後、テレビ制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「AERA」等に寄稿。元・在日韓国人三世。共著に『韓国のホンネ』『奥さまは愛国』、著書に『離島の本屋』が

【出演】
深沢潮 (小説家)
三浦ゆえ(フリーライター・エディター)
朴順梨 (フリーライター)

【日時】
2014年5月22日(木)20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Thu May 22, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)

On sale until May 22, 2014, 7:00:00 PM

Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,566 Followers