Event is FINISHED

【シンポジウム】ヘレナさんと一緒に考える3.11後の未来(6月7日/福岡市)

出演者:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、中村隆市、丹下紘希、亀山ののこ 他
Description
★本イベントの事前予約・チケット販売は終了しました。
 当日参加は可能です。今のところ十分座席がございます。

2011年3月11日に発生した東日本大震災で大きく変わり始めた日本。
3.11は、ある意味ウェイクアップコールとして、別な未来を選択しようと
する一部の人たちの意識を変え、暮らしを変え、仕事をこの3年で変えました。

この度、福岡に初来訪する『幸せの経済学』監督で、世界に広がる
ローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん
と一緒に、これから22世紀に向けて日本が、私達が進むべき方向性について
考えたいと思います。

ヘレナさんは1986年にもう一つのノーベル賞と知られるライト・ライブリフッド賞を受賞。
ダライ・ラマ法王の訪問も受けています。
著書「懐かしい未来 ラダックから学ぶ」は
日本語を含む50の言語に翻訳され、世界各国で高い評価を得ています。

シンポジウムにトークゲストとしてお招きしたのは、
ウインドファーム代表で1990年からチェルノブイリ医療支援に関わる中村隆市さん、
震災後に福岡に移住し、映像表現を通じて3.11後の日本をこれまでとは
違った見方で見てみようとNOddINをはじめられた映像監督/アート・ディレクターの
丹下紘希さん、そして写真家で脱原発の願いを込めたポートレイト集
「100人の母たち」を発表した亀山ののこさんです。
進行役は、ユナイテッドピープル代表の関根青龍です。

の上映や、NOddINや亀山ののこさんの映像作品も上映・紹介したいと思います。

多くの皆様のご参加をお待ちしております!

───────────────────────────────────
<イベント概要> 
───────────────────────────────────

【日時】2014年6月7日(土)12:30-14:40 ( 12:00 開場)
【参加費】学生1,000円 一般1,500円 ※小学生以下無料 ※当日2,000円
※お連れの小学生以下のお子さんがいる場合は、
     人数を備考欄に書いてチケットご購入ください。
【場所】西南学院大学 西南コミュニティーセンター ホール
福岡市早良区西新6-2-92
【主催】ユナイテッドピープル http://www.unitedpeople.jp/
【募集人数】200人

【プログラム】
12:00 開場
12:30 開演 「懐かしい未来」ダイジェスト版(27分)上映
13:00 プレゼンテーション(丹下紘希、亀山ののこ、中村隆市)
14:00 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん講演とQ&A
14:40 クロージング

※キャンセル受付は5月29日まで。それ以後は受付られません。
※当日チケットも2,000円でご用意予定ですが参加者多数の場合ご入場できません。
※会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用になるか、
 お近くの駐車場をご利用ください。
※どうしてもカード決済出来ない方はご連絡ください。
※本イベントについてのお問い合わせは、ユナイテッドピープルまで。
※当初、非公開映像の上映を考えていましたが、
ヘレナさんが長年活動してきたラダックの暮らしについて紹介されている
「懐かしい未来」ダイジェスト版(27分)の上映に変更致しました。

【お知らせ】
このイベントの前日、6月6日(金)には同じ開場で、ヘレナさんの
監督作品『幸せの経済学』とヘレナさん講演会を開催します。
こちらもぜひご覧ください。 http://peatix.com/event/34853/


───────────────────────────────────
登壇者プロフィール
───────────────────────────────────

●ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ

スウェーデン生まれ。ISEC(International Society for Ecology and
Culture)創設者、代表。世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニア
で、グローバル経済がもたらす文化と農業に与える影響についての研究の
第一人者。1975年、インドのラダック地方が観光客に開放された時、最初に
入った海外からの訪問者の一人で、言語学者として、ラダック語の英語訳辞典
を制作。以来、ラダックの暮らしに魅了され、毎年ラダックで暮らすようになる。
そしてラダックで暮らす人々と共に、失われつつある文化や環境を保全する
プロジェクトLEDeG ( The Ladakh Ecological Development Group)を開始。
この活動が評価され1986年に、もう一つのノーベル賞と知られ、持続可能で
公正な地球社会実現のために斬新で重要な貢献をした人々に与えられるライト・
ライブリフッド賞を1986年に受賞。ダライ・ラマ法王の訪問も受けている。
著書「懐かしい未来 ラダックから学ぶ(Ancient Futures)」は日本語を含む50の言語に
翻訳され、世界各国で高い評価を得ている。2010年ドキュメンタリー映画
『幸せの経済学』を製作・監督。2012年「五井平和賞」を受賞。
幸せの経済学 http://www.shiawaseno.net/


●中村隆市

1955年福岡生まれ。ウインドファーム代表。20代から有機農業、環境運動に取り組み、87年フェアトレード事業を開始。有機農業とフェアトレードの普及でブラジル・マッシャード市から名誉市民章受章。90年からチェルノブイリ医療支援に関わる。『考える絵本 しあわせ』のモデル。東北あしたの森代表。スロービジネススクール校長。


●亀山ののこ

東京生まれ。

18歳から写真を撮り始め、2000年よりフリーフォトグラファーとして活動を開始。

2007年、ポイスンエディターズよりフォトエッセイ集「The Springtime of Life」を上梓。コダックフォトサロンにて同タイトル写真展開催。
現在雑誌、広告にて活動。


●丹下紘希
舞踏家大野一雄に師事。映像制作会社イエローブレイン並びにデザイン会社マバタキ製作所代表。 数百本のミュージックビデオを監督、作品集TANGE KOUKI MUSIC VIDEO COLLECTIONを発表。アートディレクターとしてジャケットデザイン、本の装丁、障がい者の就労支援啓発やアートイベントのプロデュースなどを手掛けてきた。 反原発を宣言し、2012年度で経営していた会社を一時休止。 原発事故を経てNOddINという芸術運動を仲間と立ち上げ、参加している。


●関根青龍(司会進行)

1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒。本名関根健次。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせてUFPFF 国際平和映像祭を主催している。バングラデシュのストリートチルドレン支援NGOエクマットラ日本窓口を担当。2011年4月にはエクマットラと共にストリートチルドレン支援目的のレストラン「ロシャヨン」をバングラデシュ、ダッカにオープン。2013年よりピースデージャパン共同代表。著書に「ユナイテッドピープル」。2014年4月17日「号」を青龍とした。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-06-06 13:26:51
More updates
Sat Jun 7, 2014
12:30 PM - 2:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
学生 ¥1,000
一般 ¥1,500

On sale until Jun 6, 2014, 9:30:00 AM

Venue Address
福岡市早良区西新6-2-92 Japan
Organizer
ユナイテッドピープル株式会社
308 Followers