Event is FINISHED

相倉久人×村井康司
「話談によるジャズ行為」
『相倉久人ジャズ著作大全 / 上下巻』(DU BOOKS)刊行記念 

Description

御年82歳になられたジャズ評論家 相倉久人氏。
評論家人生60周年を記念し『相倉久人 ジャズ著作大全 / 上下巻』がDU BOOKSより刊行されました! 今回のトークイベントでは、聴き手に『JAZZ100の扉 チャーリー・パーカーから大友良英まで』(アルテスパブリッシング)を昨年上梓された村井康司氏をお招きし、『相倉久人ジャズ著作大全 / 上下巻』の中から、波乱に満ちた昭和ジャズから歌謡曲まで、多岐にわたる対象を、独自の切り口で語り尽くします。
即興的に広がってゆく、言葉による音楽の世界。2時間、たっぷりとお楽しみください。


【出演】

相倉久人(ジャズ評論家)
音楽評論家・司会者。
1931年、東京生まれ。東京大学文学部美学美術史学科中退。
大学在学時代より音楽雑誌で編集やジャズ評論を手がけ、銀巴里、ジャズ・ギャラリー8、ピットイン、ジハンナを拠点に司会業も開始。
ジョン・コルトレーンら海外ミュージシャンのステージでMCを務め、演奏現場での硬派アジテーションを通し山下洋輔ら日本前衛ジャズ・シーンへも多大な影響も及ぼす。70年代以降はロック、ポップス、歌謡、映像評論へと活動の場を移し、講師として教壇にも立ち現在に至る。
主な著作にジャズ四部作『モダン・ジャズ鑑賞』『現代ジャズの視点』『ジャズからの挨拶』『ジャズからの出発』、ロック四部作『時計じかけの玉手箱─ロック時代への乱反射』『ロック時代=ゆれる標的』『背中あわせの同時代』『都市の彩・都市の音』などがあり、近著『至高の日本ジャズ全史』『相倉久人のジャズ史夜話』も評判を呼ぶ。


村井康司(ジャズ評論家)
1958年函館生まれ。学生時代はジャズ・ビッグバンドでギターを弾く。 編集者の傍ら1987年よりジャズ・ライターとして執筆を始め、『ジャズジャパン』『ジャズ批評』や、『CDジャーナル』などの音楽誌に寄稿。CDのライナーノーツも多く手がける。 著書に『ジャズの明日へ──コンテンポラリー・ジャズの歴史』(河出書房新社、2000年)、 『ジャズ喫茶に花束を』(同、2003年)、共著に『ジャズ“名盤”入門』(宝島社、2006年)ほかがある。


【日時】
2014年5月25日(日)15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order

 

Event Timeline
Sun May 25, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日支払い(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,565 Followers