Event is FINISHED

柴野京子×松井祐輔 「「本」が「本屋」に届くまで 〜取次の歴史と仕事を知る2時間」

Description

出版社と本屋の間に入り、本の流通や支払いを代行する販売会社、通称「取次」。
この取次を中心に、現在の出版流通は成り立っています。出版、メディア論の専門家であり、『書棚と平台―出版流通というメディア』、『書物の環境論』などの著作がある柴野京子さんをお招きし、出版流通の核である取次の仕組みと歴史について語っていただきます。お相手を勤めさせていただくのは、元取次社員。
ファンから参加者になるための、「人」と「本屋」インタビュー誌『HAB』を3月に創刊した松井祐輔。 本はどうやって本屋まで届けられているのか。取次の仕組みを知る事で、本屋がもっと身近になるかもしれません。リトルプレスの仕入や販売、あるいは本屋開業に近づく事も一日限りの特別講義。お楽しみください。

柴野京子(しばのきょうこ) 上智大学文学部新聞学科助教1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版取次会社勤務ののち、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。社会情報学修士。東京大学大学院人文社会系研究科附属次世代人文学開発センター特任助教を経て2012年より現職。NPO法人本の学校理事、日本出版学会理事。

松井祐輔(まついゆうすけ) 1984年生まれ。出版取次会社勤務ののち、2013年7月に退職。2014年3月に「人」と「本屋」のインタビュー誌『HAB』を創刊。第1号のテーマは「新潟」。2014年4月、東京虎ノ門にあるコミュニティスペース「リトルトーキョー」内に、1坪本屋「小屋BOOKS」をオープン。

【出演】
柴野京子(上智大学文学部新聞学科助教)
松井祐輔(『HAB』発行人/本屋「小屋BOOKS」店主)

【日時】
2014年5月4日(日)15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Sun May 4, 2014
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,556 Followers