Event is FINISHED

サキノジュンヤ×汐巻裕子 『サケボム』公開記念 「アメリカで夢をつかむ方法、教えます」

Description
濱田岳さんが初めて英語劇に挑戦した映画『サケボム』の公開(5月24日、新宿シネマカリテ)を記念し、本作のメガホンをとったサキノジュンヤ監督が緊急来日。サキノ監督は、岩井俊二監督や紀里谷和明監督の海外進出をアシスタントとして支えるなどハリウッドを拠点に活躍する新鋭です。本作は監督にとって満を持しての長編デビュー作となり、世界の映画界が注目する(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭でのワールドプレミアをはじめ、海外映画祭を席巻しました。

対談相手は、近年では『希望の国』のプロデューサーとして国際ファイナンス及び海外展開戦略を担い、『サケボム』のエグゼクティブ・プロデューサーも務める汐巻裕子さん。『サケボム』での撮影秘話なども交えながら、作り手と売り手、異なる立場から“クリエイターにとって海外を主戦場にすることのメリット、デメリット”を語っていただきます。日本に比べてアメリカの制作環境ってどうなの? 気になるお金の問題は?映画業界はもちろん、海外でのモノづくりを志すすべての人にとって、目からウロコのトークになること間違いナシです!

サキノジュンヤ
広島県生まれ。2000年、映画留学を目的に渡米。ロサンゼルスを拠点に映画、コマーシャルを多くプロデュース、演出。2006年、脚本・監督を手がけた短編映画「オリヅル」は世界中の映画祭で作品賞や観客賞を受賞し注目を集める。その後、ナイキ、アップル、ユニクロなどのCMやTVシリーズ「マッドメン」のジョン・ハム主演『Stolen』(09)などに参加。また、進出を果たした岩井俊二監督の『ヴァンパイア』(11)やプロデュース作品『ハルフウェイ』(08)『バンデイジ』(09)などに携わる。また、紀里谷和明監督が代表を務めるプロダクションKIRIYA PICTURESに所属し、最新作『The Last Knights』にも参加するなど、絶大な信頼を寄せられている。

汐巻裕子
クズイエンタープライズ国際部、パルコ/シネクイント創設期より番組編成、配給&PRを担当、スタイルジャム国際部を経て、2009年6月、株式会社ピクチャーズデプトを設立。劇場配給宣伝、邦画の海外セールス、フジテレビ「ゲームセンターCX」の海外戦略を手がけるほか、海外共同製作作品を企画プロデュース。2011年、カンヌ国際映画祭<監督週間>部門に選出された園子温監督『恋の罪』の海外戦略プロデュース、2012年、園子温監督『希望の国』のプロデューサーとして、主に国際ファイナンス及び海外展開戦略を担う。同作はトロント国際映画祭へ正式出品され、「NETPAC最優秀アジア映画賞」を受賞。同年5月、カンヌ国際映画祭・プロデューサーネットワークにゲストスピーカーとして招待されるなど、海外セールス、国際共同製作の分野において積極的に展開している。

『サケボム』公式サイトはこちら
http://sake-bomb.com

ピクチャーズデプト公式サイト
http://picturesdept.com/jp

【出演】
サキノジュンヤ監督(『サケボム』)
汐巻裕子(株式会社ピクチャーズデプト代表)

【日時】
2014年5月9日(金)20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Fri May 9, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,534 Followers