Event is FINISHED

高山明×今野勉「演劇を拡張する #3 『思想としてのテレビ』から演劇へ——接続と展開」 @akirat16

前売/2600円(1ドリンク付き)◆==ゲンロン友の会/学生証提示で2100円に!==◆講義後はバータイムになります。お楽しみ下さい!
Description
  • 当日券は3100円 (1ドリンク付き)です。ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2600円になります。
  • お席はチケット購入順ではなく、当日ご来場になった方から順にご案内致します。
  • 3回連続の講座ですが、各回個別にご購入いただけます。
  • 友の会会員限定指定席にはキャッシュバックはありません。複数席を予約される場合は、お連れの方が友の会会員でなくても結構です。

【イベント紹介】


連続講座「演劇を拡張する」、第三回は日本初の独立系テレビ制作会社「テレビマンユニオン」の創設者、TVディレクターの今野勉をゲストに迎える。長野オリンピックのプロデューサーも勤めた今野とともに、演劇とTVの関係、その歴史と未来について議論する。


今野勉さんからのコメント

テレビはナマ放送で始まりました。テレビドラマは、演劇の中継と同じでした。

テレビドラマはその後、記録(録画)の機能を持つようになり、演劇よりは映画に

近いメディアになっています。

当初のテレビは、1回性、ハプニング、消えるもの、持続する時間、リアルな時間、

など演劇と共通する要素が多くありました。今はそれらが失われています。

今回、私は、テレビ草創期に私が演出した歴史ドキュメンタリー『天皇の世紀』を観てもらおうと思っています。

この番組は、

①歴史を扱っていて、尚且つ現在進行のパフォーマンスで構成されている。

②フィルムによる撮影なのに、テレビ中継のように撮っている。

③俳優のパフォーマンスを撮っているスタッフをも撮影の対象としている。


など、過去と現在、映画とテレビ、演劇とテレビなどが混然とした内容です。

「拡張する演劇」の議論の最初の素材になれば、と思っています。


演劇=舞台、この図式から自由になったとき、演劇にはいろんな可能性がでてくる。


演出家高山明は、建物としての劇場も、客席と段差や境界線で仕切られた舞台も用いない。高山の演劇では、観客は、あるツアーコースに仕組まれた「できごと」の場を地図を片手に自らの足で巡ったり、歴史や社会の声に耳を傾け、それにリアクションする何らかの仕組みに巻き込まれたりする。およそ、一般的な演劇とはかけ離れて見える彼の作品は、それでも演劇であり続けている。


演劇は、数千年もの間、国や都市や社会やコミュニティといったものを考える道具であり続けてきた。私たちがその知恵や技術を活かすにはどうすればよいか。


連続講座「演劇を拡張する」(全3回)では、観光ツアーや都市プロジェクトへの応用という観点を軸に、「演劇を考える/演劇で考える」技術を探っていく。

5/7に開催された第1回「いま、高山明が語る演劇原論」では、タイトルどおり、高山の考える演劇とはなに界と個人の演劇史を横断しつつ、高山の考える演劇とはなにかがあきらかにされた。演出家・高山明はいかに演劇と出会い、演劇をはじめるに至ったのか。古代ギリシャから脈々と続く演劇史を彼がいかに捉えているのか。演出家の世紀であった20世紀を終えたいま、21世紀における演劇の可能性をどこに見ているのか。西洋演劇史を踏まえた上で、グローバル社会における日本演劇の力はどこにあるのか。高山の活動を考える上でも、芸術ジャンルの混交する現代におけるアートの可能性を探る上でも、さらに社会における芸術の役割を問い直す上でも、根源的な問題提起がなされた。

第2回(6/4)第二回はアート界随一の若手論客、黒瀬陽平をゲストに迎え、現代社会における芸術の可能性、そして芸術における批評の可能性について、拡張され、混交し始めた演劇とアート、それぞれの立場から議論がなされた。

著書『情報社会の情念』でアートの立場から寺山修司を論じた黒瀬と、寺山の市街劇の手法を参照しつつ都市のツアー演劇を革新した高山。二人とも寺山の活動に影響を受けつつも、それを対象化し、まったく独自の世界を生み出しているアーティストであるといってよい。

演劇を、アートを拡張し、未来へと向かっていくとはどういうことなのか。第一回同様、最後は議論を客席に開き、論をさらに深めた。

第3回(7/9)では、TVプロデューサーの今野勉を招き、社会に対する演劇の可能性についてディスカッッションする。


現在ドイツで進行中の複数のプロジェクトや福島でのプロジェクトについても、詳細が語られるだろう。

以下の写真はすべて、高山明の演劇のワンシーンである。なぜ、これらの写真が演劇であり得るのか??? その答えはこの講座で明かされるはずだ。





(c)蓮沼昌宏


【出演者紹介】


高山明(たかやま・あきら)


1969年生まれ。演出家。演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)主宰。『サンシャイン62』、『東京/オリンピック』(はとバスツアー)、『個室都市』シリーズ、『完全避難マニュアル』、『国民投票プロジェクト』、『光のないⅡ(福島−エピローグ?)』、『東京ヘテロトピア』など、ツアー・パフォーマンスや社会実験的なプロジェクトを現実の都市空間で展開している。2013年9月に「一般社団法人Port(ポルト)観光リサーチセンター」を設立し、観光事業にもその活動を広げつつある。対談集に『はじまりの対話– Port B国民投票プロジェクト』(現代詩手帖特集版/思潮社)がある。

今野勉(こんの・つとむ)

1936年秋田県生まれ。東北大学文学部卒業。東京放送(TBS)入社、テレビ演出部配属。ドラマ「土曜と月曜の間」で日本初のイタリア賞大賞。シリーズドラマ「七人の刑事」がギャラクシー賞大賞。1970年番組制作会社「テレビマンユニオン」創立に参加。旅番組「遠くへ行きたい」、3時間ドラマ「海は甦える」など、ドキュメンタリーやドラマで次々と新しい世界を開拓。1995年「こころの王国~童謡詩人金子みすゞの世界」で芸術選奨文部大臣賞受賞。長野冬季オリンピック開閉会式プロデューサー(会場演出)、武蔵野美術大学映像学科教授を務めた。著書に「テレビの青春」など。現在、㈱テレビマンユニオン取締役、放送人の会会長。


【注意事項】

  • チケットキャンセルの場合の払い戻しは受け付けられません。予めご了承ください。
  • 当日、ゲンロン友の会会員証または学生書提示で500円キャッシュバックいたします(併用不可、学生証は国立公立学校または学校法人が発行したもの)。
  • チケット料金は税込価格です。
  • 開場は開演1時間前の18時となります。
  • イベントの録画・録音はご遠慮下さい。
  • 本イベントはインターネットでの動画配信(ゲンロンカフェ完全中継チャンネル)を予定しており、ご来場のお客様の映像が映り込む可能性がございます。あらかじめご了承ください。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-07-08 09:54:55
More updates
Wed Jul 9, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ゲンロンカフェ
Tickets
前売分 1ドリンク付 ※当日、友の会会員証/学生証提示で500円キャッシュバック ¥2,600
友の会会員限定最前列席 前売分 1ドリンク付、共有サイドテーブル・電源あり ※ キャッシュバックはありません ※ 会員番号が必要となります ¥2,600
Venue Address
東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F Japan
Organizer
ゲンロンカフェ
4,780 Followers