Event is FINISHED

オランダの大学実践から学ぶ 個人の力を伸ばす授業デザイン

ロッテルダム大学におけるアクティブラーニング、PBL(プロジェクトベースドラーニング)実践例
Description
「アクティブラーニング」、「PBL (プロジェクトベースドラーニング/プロジェクト教育)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?また、その実際をご存知でしょうか?
学習者の能動的な関与を促す事で汎用的な力を伸ばすと言われているこれらの手法ですが、どのように取り入れ、実践するか悩まれている方も多いかと思います。

この度、オランダのロッテルダムビジネススクールで教鞭を取られているFUMIKO INOUE先生に、ご自身の実践のお話をベースに、アクティブラーニングとPBLについて学ぶ勉強会を開催頂く運びとなりました。

現地での実践例のお話をお聞かせ頂くレクチャーと、アクティブラーニング、PBLを実践してみるワークショップの二本立てです!

アクティブラーニング、PBLに興味をお持ちの方、実践されている方のご参加を
お待ちしております!

============================================
※遠方にお住まいの方など、当日会場にお越し頂けない方のため、
当日はレクチャー部分を無料でUSTREAM配信する予定です。
オンライン受講をご希望の方は右側のオンライン参加チケットを申込んでください。開催一週間前に詳細をご案内いたします。
============================================

【イベント概要】

日時:2014年5月17日(土) 13:00-16:00
場所:株式会社ミクシィ7F コラボレーションスペース
参加費:1,000円



【プログラム内容】

▼イントロダクション

みなさんで自己紹介


レクチャー
 レクチャー・Q&A

ワークショップ
 1.それぞれの教育現場で考えられるプロジェクトプランを書いてみよう
 2.チューターと呼ばれる指導員の指導現場を想定したロールプレイング(グループワーク)

まとめ・ふりかえり


【講師】

FUMIKO INOUE先生
Rotterdam Business School Principal Lecturer

御茶ノ水大学を中退してオランダへ移住。在蘭33年。
40歳でエラスムス大学経済学部を卒業。
エラスムス大学専任講師を経て1999年より現職。
蘭日協会、日本文化センター松風館理事を兼任。


【先生からのメッセージ】

私が15年前の学科設立準備期間当時から深く関わってきた、対アジア貿易学科(Trade management for Asia/ Rotterdam University of Applied Sciences) では学科立ち上げ時からコンピテンス獲得を中心に据えてPBL教育を行っています。
何を知っているかではなく、どうやって必要な知識を効率よく得るか、そしてそれを使って何ができるかということを重視しています。

カリキュラムは卒業生が就職することの予想される業界からのアンケート・インタビュー調査に基づきデザインされました。雇用する側が求める人材を養成することを目的としています。

アクティブラーニングやプロジェクト教育の具体的な事例、そのメリット、デメリット、これからの課題等、関心のある方にお伝えしたいと思います。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-04-23 07:48:23
More updates
Sat May 17, 2014
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社ミクシィ7F
コラボレーションスペース
Tickets
現地参加
(レクチャー+ワークショップ)
¥1,000
オンライン参加
(ご自宅で受講いただきます)

On sale until May 17, 2014, 9:00:00 AM

Venue Address
東京都渋谷区東1-2-20 Japan
Directions
渋谷駅より徒歩8分
表参道駅より徒歩10分
Organizer
The Great Discussion
3 Followers