Event is FINISHED

戸部田誠×大谷ノブ彦×相沢直×小島研一 「てれびのスキマ(戸部田誠)に大谷ノブ彦がキキマス!」 『タモリ学』(イースト・プレス)刊行記念

Description
デビュー時から現在までの、タモリの様々な発言やエピソードを丹念に読み解き、その特異性と唯一無二の魅力に迫った『タモリ学』。

そして、メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」にて連載されたダウンタウン、ナインティナインなど組に加え、有吉弘行をテーマに書き下ろして収録した『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』。豊富なテレビ視聴、膨大な読書量、過去をさかのぼって広く資料を集めるスタイルで、お笑いタレントを中心とした芸能人を考察するてれびのスキマ(戸部田誠)の初単行本発売を記念して、『有吉弘行のツイッター〜』でも取りあげられているダイノジ・大谷ノブ彦さんをお招きして、「タモリとは何か?」「お笑いを語ることとは?」などについてお話しいただきます。

出演者プロフィール
てれびのスキマ(戸部田誠)
1978年生まれ、いわき市在住のテレビっ子。お笑い、格闘技、ドラマ好き。メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』、『週刊SPA!』(扶桑社)、「日刊サイゾー」で連載中。『TVBros.』(東京ニュース通信社)『splash!!』(双葉社)、『タモリ読本』『80年代テレビバラエティ黄金伝説』(ともに洋泉社)などにも寄稿。このほど『タモリ学』(イースト・プレス)『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』(コア新書)を発表。

大谷ノブ彦(ダイノジ)
1972年生まれ。大分県出身。B型。大地洋輔との本格派漫才コンビ・ダイノジとして演芸・ネタ番組などに出演。ライブも積極的に行い、レポーターや司会もこなし多彩な才能を発揮している。サブカルチャーにも精通しており、大谷自身、数々の音楽・映画雑誌で連載を持つ。洋邦問わず音楽・映画への造詣が深い。自らDJダイノジとしてLIVEや音楽フェスへの出演も多数。3月よりニッポン放送『大谷ノブ彦 キキマス!』(月~木曜、13~16時)のパーソナリティも務める。

相沢直
1980年生まれ。2001年、構成作家として活動を始め、もろもろあって現在に至る。活動歴は、構成作家として『テレバイダー』(TOKYO MX)、『モンキーパーマ』(tvk他)、「水道橋博士のメルマ旬報『みっつ数えろ』連載」、「水道橋博士年表制作」など。プロデューサーとして『松嶋×町山未公開映画を観るTV』『ホワイトボードTV』『バカリズムTHE MOVIE』(全てTOKYO MX)など。4月から放送中の『モンキーパーマ2』(tvk他)の脚本も担当。

小島研一
1979年生まれ。ライター/編集者。芸能情報誌、書籍編集、アイドル誌を経てフリー。編集担当に『有吉弘行のツイッターのフォロワーはなぜ300万人もいるのか 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方』(コア新書)。企画・編集に『タモリ読本』(洋泉社)など。

【出演】
戸部田誠(てれびのスキマ)
大谷ノブ彦(ダイノジ)
相沢直(構成作家)
小島研一(ライター/編集者)

【日時】
2014年4月20日(日)19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Sun Apr 20, 2014
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,551 Followers